Google

2008年05月31日

アリガトござましたぁ!


タイトルは、イ・ビョンギュ風に読んでください。(←100人中5人ぐらいにしかわかんねーよ)

安倍が第5話からかかわっていた連ドラが、無事にクランクアップ。
先日、打ち上げも終了いたしました。
作品の評価も視聴率も徐々に上向きになっており、
演者さんや制作側の工夫も報われてきているようで、ほんとうにアリガトござます(←だから100人中5人ぐらいしか…)。


私のホンの回は放映終了。
実は書いた本人もOAが初見だったとゆー、胃の痛い状況でした。
オンタイムではまともに画面観られなかったんですが、
二度目にゆっくり観たら「あら、いいじゃん♪」なんて図々しくも思ってしまったわっはー。
それもこれもスタッフの皆さんと、演者さんのおかげです。

打ち上げでは演者さんのひとりとゆっくりお話する機会がありましたが、
あれは安倍の本音ですよ、アリガトござました(←もういい…)。
没個性のようで実は深い内面の人物――いちばん役作りがたいへんなキャラだったと思います。
それをよく咀嚼して演じてくださって、嬉しかったです。

ついでに…画面でも優しい人柄がうかがえる素敵な役者さんですが、
実物はそれ以上に素敵な人だったんでドキドキしてしまいましたYo
イケメンで気さくという強烈コンボは、人として反則だと思います。



イケメンは無愛想、ブサイクは気さく


これだから世の中は成り立つのであって、
気さくなイケメンなんてのが出てきたら、ブサイクはどの土俵で闘えばいいのよ!

と、ブサイクに圧倒的に肩入れする私ですが、
そういえばお会いする演者さんたちは、ことごとく皆さんいい人だなぁ…。

まあ、そういう奇跡的な存在だからこそ、世の中のオモテ舞台に出てるんだよね。そっかそっか。


ちなみに、打ち上げの席では、
私はずっと「誰かがひっかけてきたキャバ嬢」だと思われていました。
とあるスタッフの方に
「お店どちらですか? 今度行きますよ。で、誰にナンパされてきたんですか?」と訊かれたので
「あの…すみません。私、今回の脚本を担当した者でして…」と答えると
「す、すすす、すみ、すみませんッ! てっきりキャバ嬢かと!」と平謝りされましたが、
いいんですよ、女子にとっては脚本家よりキャバ嬢のほうが憧れの職業なんですから。

そんなこんなで、無事に今クールは終了です。
次は秋!…に書けるといいなぁ。


おっと、その前にケータイ小説だ。
そろそろ新作、アップできるようにしますぜい。
posted by まりあ at 12:40| Comment(2) | TrackBack(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。