Google

2009年08月16日

緊急同窓会


お墓参りをすませ、ご先祖へ「いつもネタにしてすまんこってす」との謝罪も終わり、
いよいよミート・ザ・Nくん――。
ま、その前に再度原稿の直しやら何やら、仕事系をいろいろすませたんですが…


N 「どこまで迎えに行けばいー?」
安 「とにかくウチの前まで乗り付けてくれ(じゃないと覚えてないからわからん)」
N 「安倍ちゃんちの前に車とめてるよー。緊張するぅー」
安 「おっけー。ほな行くわ(さすがにそれなら間違えることもないしな)」


と、メールのやりとりがあり、安倍家のほったて小屋から玄関前の門を出ると、いましたいました、一台のデカい車が。

いよいよミート・ザ・Nくん。
Nくんとの邂逅。

安 「チョリッスー! 久しぶりやんなぁー」

車のドアをガッと開けてみたら、そこにはまさにミート(肉部門)・ザ・Nくん!!!
いやぁー、同級生がデブってなんかうれしいわー。

って、まさかこれ読んでないだろうな……??


N 「やばい! 安倍ちゃん、めちゃかわいいー、きれいわー」
安 「あんた、あれやな、大人になってリップサービス覚えたな」
N 「違うって。中学校のときはもっとクリオネみたいやったもん」
安 「意味わからんわ! なんじゃ、クリオネって」


私は中学校時代の記憶がいまいちないのですが、どうやら青白い人間だったようです。
安倍まりあ15才@ 「集会のとき貧血で倒れていた、青白い子」と。

みんなで飲み、のはずが、まずは居酒屋でNくんとマンツー飲み。
ま、ええわ。自分自身がどんな子だと思われていたのか、あらためて聞けるしな。

まず、Nくんに先日書いたドラマで名前をいただいたお礼を言うと、

N 「超うれしかった。ここはおごるから何でも食べてぇ」
安 「マジっすか!? 私、めちゃんこ食べるよ。ギャル曽根なみ」
N 「うわっほ、逆に見てみたいわー」


というわけで、居酒屋メニュー全部食べるぐらいの勢いで頼みまくり。
当然、ビールも飲みまくり。

いやー、食った食った。
と、さんざんヘロヘロにできあがったところへ、Nくんが写メを撮りやがり…

安 「なにすんじゃ、ワレ!」
N 「さっきTくんとMちゃんに『ナマ安倍ちゃん、めちゃかわいい』ってメールしたら写メしろって言うし」
安 「…ま、ええわ。おごってもらってるしな。どうせならかわいく撮れてるの、送ってくれ」


と、ピース&笑顔で写メを撮らせて、飲食の続きとトーク。
いやあ、覚えていなくても適当に話ってできるものなんですね。
がしかし、「覚えてない」ことがバレてはいけない、という緊張から酒がすすみまくり……

「閉店です」と言われて、時計を見ると、夜9時半。
田舎、すげえ。居酒屋の閉店がこんな早いとは!


店の外へ出ると、次々と車が駐車場に集まってきた!
すわ、田舎のゾクの集会か!?と思うと、車の窓があき「安倍ちゃーん!」

わーお、同級生ばっかり!

写メが同級生ネットワークを周り、続々と集まってくれたということで。

「すげぇー、ナマ安倍ちゃんや」
「東京っ子やー。田舎の女子とは違う。芸能人みたいやー、服がー」
「服かい!」

てなやりとりがあり、地元一でかい居酒屋チェーンに嫁いだ同級生の店へ行き、飲みなおし。


その後、私をサカナに大同窓会となり、いろいろ言われました。

同 「安倍ちゃんって、よく数か月いなくなったりしてたけど、あれってやっぱり鑑別所に入ってた?」
安 「なんでやねん! フツーによそに転校→編入じゃ」
同 「よかったぁ。ずっと気になってて訊けなかったから」
安 「それぞれの家にはのぅー、事情っちゅーもんがあるし」
同 「それで結婚せえへんの?」
安 「…それとこれとは別じゃ。相手がおったらすぐにでもウエディングじゃ!」
同 「ってかさっきからなんでヤクザみたいな口調なん?」
安 「じゃかあしいや、ボケ!」


お酒が一定量を超えると暴力バー・安倍になることを、もう少し前に伝えておくべきでした。
その後は中学時代のコイバナへ。


同 「安倍ちゃんってYくんとつきあってたよね?」
安 「おうよ。あ、今日はYくんは?」
同 「見んほうがええって、ハゲとるし」
安 「マジっすか! 逆に超見たいんですけど」
同 「写メ、あんよー」
安 「(見て)……たらーっ(汗)



確かYくん、当時のアイドルに似てると評判だったんですがね…。
時代の流れは残酷なものです。

そしてさんざん、私のネタで盛り上がって解散となったのは三時ぐらい?だっけな。
同級生女子のお宅に呼ばれて、お茶しました。
「次はうちに泊まってって」と。ありがとう、Rちゃん。

Nくんのおかげでいい夜になりました。
自分の過去ともきちんと向き合えて、よい帰省となりました。


で、たぶん皆さんも考えていたと思いますが、今回のオチは――

今回、すごい勢いで「懐かしいねー」「元気やったぁ?」となじみ合った同級生たちのこと、
私、ほとんど覚えておりませんでしたあせあせ(飛び散る汗)

本気で最低だなたらーっ(汗)
posted by まりあ at 15:56| 東京 ☀| Comment(7) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月15日

家ーィ、めっちゃホリディ


皆さま、お盆休みはいかがお過ごしですか?
わたくしは今、実家にいます。
ドラマの打ち上げなどで京都にいたのでついでに寄ってみました。

しっかし、実家、おそろしく久し振りじゃ。
んでもって三十路の娘にゃ、マジで居場所Ne-Yo!
ママカードを借りて、姉・アグネスの娘ふたりと薬屋に買い物に行ったら7000円も使ってしまい、
カード主の母親に「いやー、この子らのお菓子が5000円したもんで」と大ウソをこいたところ、ますます居場所を失いました。


てなわけで駅前に唯一あるネットカフェに避難。
とある原稿の直しも終わったことですし、久々にブログも更新してみますわYo!

しかし田舎というのはいいものです。
殺伐としたトキワ荘と比べますと、このネカフェの空気すらうまい。
安倍の労咳も癒されそうです。って労咳じゃないけど。


さて、1/4外人のわたくしですが、お盆は平均的日本人同様にやってきます。
しかし、この数年ほど(没落したとはいえ)ご先祖に感謝しなかった日々はなかったです。
私はちょいと特殊な環境に生まれ育ったんですけども、今となっては自分や周りの人がいてくれるのも(没落したとはいえ)安倍家に生まれ育ったおかげ…。
これはもう絶対に(没落したとはいえ)、ご先祖たちの努力によるものなのですから。
ありがとう、没落したご先祖たちよ!!!(←いい加減バチあたんで!)

というわけでこれからお礼を言いにお墓参りに行くので、運転手のじいや(父・ヨゼフ)が迎えに来るのを待っています。
没落一族はあちこちに墓があるのでほんまヘンタイです。いえ、タイヘンです。


さてさて、なんと今日はお墓参りのあとで、
あの!mixiで私を見つけてくれてから交流が復活した同級生・Nくんたちと会うのです。
ちなみに朝のNくんとのやりとりを記載してみましょうね。


N 「安倍ちゃん、帰ってきてるんやてぇ? 噂になっとるよぉ」
安 「おうよ。今日の夜なら仕事落ち着いてるやろし、みんなで飲んでもいー」
N 「オッケー。迎えに行くわー」
安 「私んち、わかるん?」
N 「わっはは。安倍ちゃん、おもろいこと言うわー。ほな夜なぁ」



……やっぱ、ウチ知ってるんだたらーっ(汗)
ってか、私はどーしても、キミを思いだせないんだよー、Nくんよぉー!

お、ヨゼフからメールきた。
墓参ってきまっさ手(パー)

Nくんとの気まずくなること必至の飲み会報告は、また夜にでも。

posted by まりあ at 14:50| 東京 ☀| Comment(9) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。