Google

2005年12月06日

吝嗇一家の上京予告

皆さま、たいへんお久しぶりです。
トランクスの縫い目についたシミのような存在の安倍でございますが、お忘れではないでしょうか。

さて、小心エンターテイナーを自称する私ですが、もう一点、私を評するには避けられない言葉があります。
それは


吝嗇


りん-しょく】 過度にものおしみすること。けち。
                      〜広辞苑より



ええ、出さなくて済むものでしたら、 1円たりとて 出したくはありません。
1円でも安いものを買うために、自転車に乗って遠征もします。道は常に下を向いて歩きます。どこに金目のものが落ちているかわからないためです。
現に私、本日、おかげさまで五円玉を拾いましたよ。そりゃもう土にまみれたきったないシロモノでしたが、金は金じゃふくろ

それゆえに、おごってくださる方に対しては、簡単に 「神ぴかぴか(新しい)の称号を授けます。


私のこの気質、これはもう遺伝子レベルのものかと思います。

というのも我が安倍一族、とにかく全員ことごとく吝嗇! 
赤ちゃんまでもが、
「哺乳瓶のミルクは何があっても一滴も残すまい、残すぐらいなら吐いてやる手(グー)
という気骨が伺える吝嗇っぷり!!

そんな一族においても、安倍ヨゼフを家長にする我が家は一頭地抜いた吝嗇一家でございます。
これまで私の吝嗇ぶりは、このブログ内でも記してきましたが、いやいや、一家の中では私が最も気前よしなのです。
ちなみに先日も、家族から口々に
「気前ええねー」
「もうすっかり江戸っ子やねー」
「こんなに心が広い人間に育って…安倍家の誇りやわ」
と言われました。

新幹線の中で食べ残したポッキーを渡しただけでこの賞賛の嵐…orzたらーっ(汗)

さすがにこの家族の神経はどうかな、と思いました。


さて、そんな安倍一家に属する姉・アグネスから、本日メールがきました。


「やあ、姉です。
 転職準備はドゥーダードゥーダー(←註・昔、流れていた「デューダ」という転職情報誌のCMの模倣だと思われます。姉は「ドゥーダ」と思っているようですが)

 ところで姉は今週末、英語教室開校の説明を受けるべく
 母と東京に行きます。
 10日は母の誕生日ですので、奮発して新幹線で行きます。」



ほう、ようやく青春18きっぷを使うのはやめにしたのか、我が姉よ。
しかもアグネス、ただでさえ安い青春18きっぷなのにネットオークションでさらに安く手に入れるというツワモノですから、姉にしては大奮発といえましょう。
そう思いつつ、続きを読んでいきました。



「まあ、往復の新幹線代は出るんですがね。」


やっぱりなたらーっ(汗)



「素晴らしいことに、なんと50歳以上の人を連れていくと
 ホテルのランチ込みで往復新幹線が一人15000円になるという、
 信じられない、アメイジングなツアーがあるのです!
 というわけで、差額、浮きましたので、
 当日はランチでもどうですか?
 日帰りなので時間はあまりないのですが」

 

日帰りというのは結構きついようにも思うのですが、背に腹は変えられないのでしょう。
確かに、これは恐ろしく安いツアーです!
その証拠に、吝嗇の権化ともいえる姉・アグネスが ランチに誘う ぴかぴか(新しい)とは!!

たまには、東京で家族と集うのも悪くないものでしょう。
「OK」と返信しようとした私の目に、アグネスの最後の一文が飛び込んできました。




「ちなみにランチは自腹でお願いします。

 姉より。」






もらった交通費から差額が出たんじゃなかったのかっむかっ(怒り)!!





というわけで、週末は久しぶりに母と姉と会います。
安いツアーに組み込まれたランチを提供している○×ホテルの皆さま、どうかテーブルの上の砂糖には充分注意してください。
吝嗇母娘に一網打尽にされますから。






posted by まりあ at 01:25| Comment(9) | TrackBack(0) | 安倍家の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ぬはは ♪

そーいやーー・・・
『吝嗇』
ここで教えてもろた。
Posted by わしドゥーす at 2005年12月06日 01:43
おいらも、今、ビールとちくわで、
ブログリ中でごわす。^^
Posted by つづく ♪ at 2005年12月06日 01:50
おはようございます。
めっきり寒くなった関東地方で?いかがお過ごしですか?
私は、熱いお鍋を食べなんとかこの寒さを盛りきろうとしています。

しかし、吝嗇ですか…初めて読みを覚えました。
前から、ここでその言葉を目にしても、避けるように読まなかったのですが、まりあさんのおかげでまた一つ頭が賢くなりました。

どうです、今度ランチでも。おごりますよ。
吉野家で。。。
Posted by おじゃねこ at 2005年12月06日 07:25
悪くないものでしょう一家とかを注意しなかった?


Posted by BlogPetのナフコ at 2005年12月06日 09:12
いったいどんな珍道中になるのか!?
オラなんかすっげぇワクワクしてきたぞ!
Posted by ムカムカム at 2005年12月06日 12:00
吝嗇一家の奮発イベントかぁ。 10日、大雪にならないといいねえ、、、笑
Posted by パピ at 2005年12月07日 03:37
吝嗇って言うのは簡単だけど、実行するのは難しいと思うんですよね。
数限りない欲望と常に戦わなければならないでしょう。
あーるは効率を先にとってしまうので、消費街道まっしぐらです。
ゆえに阿部家、尊敬いたします。
吝嗇街道をひた走る安部家の皆様が将来に幸あらんことを。
Posted by あーる at 2005年12月13日 11:10
まりあタンのblogに来て「吝嗇」の意味、途中で気になって調べて分かったんだけど、それまで全然分からなくて、「薔薇」に漢字が何となく似てるような気がしたのと、まりあタンのプロフィールのお美しいお写真のイメージとが重なって、勝手にバラと読んでいた馬鹿な小梅でした〜(>_<)

久しぶりの家族との食事楽しんで来ましたか?(*^^*)
Posted by 小梅ちゃん♪ at 2005年12月13日 20:48
徐々に変態っぷりに磨きがかかりつつある安倍にござります。
いやー、会社生活も残り少なだと思うと、プリちゃんを網膜に焼き付けておかねばと自然と目がギラギラしてくんのなー。フフフ
たぶん、傍からみると、安倍、すごーく気持ち悪いと思う。ウフフフ


>コックさんよ

フリーになったら間違いなくアル中になる、とフリーの先輩・さくらちゃんに断言されている安倍ゆえ、当然、今も傍らに酒がある。
しかもさくらちゃん宅でさくらちゃんちの冷蔵庫から勝手に酒を出して飲んでいる。フフフ


>おじゃねこさん

北米牛肉輸入も復活したことだし、ヨシギューもいよいよ牛丼再開になりそうですな。
今後まともにメシが食えるかどうかわからない安倍、おごりメシは大歓迎です。
おごっていただけるのであれば、食堂教師(註・家庭ではなく食堂で教える人のこと。安倍造語)やりまっせ♪
寒い冬の乗り切り方ですか? 熱い酒ですとも。
ちなみに暑い夏の乗り切り方は冷たい酒、それが安倍の生き様です。


>ムカムカムたん

というわけで、アグネスのスットボケのために時間があまりなかった今回。
年末は実家に帰ろうかなと思っているので、そこでまたいろいろとあるんだろうなー。
なんせ頭がおかしい人間の筆頭にランクインする父・ヨゼフもいるわけで…。
やだなー。


>パピちゃん

当日はめっさ晴れとったな。
ヤツらは何気にいつも運がいい。「富士山がキレーに見えたわぁ」だと。安倍は一ヶ月に4回は新幹線に乗るのに、ほとんど富士山にお目にかかったことがないというのに。
ところで明日、安倍はちょっとした地方に行く予定があるのだけど、大雪らしい…orz


>あーるさま

ええ、亜辺家の信条は「吝嗇一筋」ですから。
とにかく「ケチる」というところに、価値観が集中しているため、たぶん他人様からみれば猛烈に鬱陶しい存在だと思います。
ちなみに末娘のわたくし、使うときにはダーンと使うタイプです。ちっちゃいとこで得をすることが大好きという小市民でございます。


>小梅ちゃん♪

実は薔薇好きな安倍。「そういえばYOSHIKIに似てるもんねー」という訳の分からない理由で納得されることもしばしばです。
「吝嗇」という言葉は、安倍一族に生まれ育った私にとっては子供の頃から慣れ親しんだ言葉だったので、「知らなかった」ときくとすごくビックリなのだ。
なんせ新年の書き初めで「吝嗇」と書かされたからなー。しかも小学校高学年から中学卒業までの五年間にわたって!
Posted by まりあ at 2005年12月18日 03:03
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/10263318

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。