Google

2008年07月29日

限りある人生のなかで


子供向け番組に関わることになりました。
ずいぶん先の話ですけど。

企画の立ち上げから参加させてもらっているので、思い入れの強い作品になりそうです。
実際、傑作の予感もします。

実現するのは来年以降――
それまで私は生きていられるのかな、とふと思う。


人生なんて長いようで短い。
まわりの同級生たちは、もう人生の激しい山谷を越え、
穏やかな地平にたどりつこうとしている。
きっとこのままゆるゆると時は流れ、さしたる驚きも新味もない日々を送ることになるんだろう。

仕方ない。
それが「人が年をとる」ということだ。

それに対し、私はどうだろう。
明日の生活すらわからない。
それはある意味では「冒険の続く日々」であって、
もしかしたらこの刹那的な人生を羨む人がいるかもしれない。

だけどそんな時間を過ごす私も「年をとって」いる。


どんな時間を重ねようが、誰にでも平等に訪れるものがある。
それは「死」だ。


いつ死神が鎌を振り下ろすのか、それは誰にも分からない。
ならばどんな時間を生きている人にとっても、この「今」という時は平等に重いものだ。
人生が定まりつつある者も、今もなおあがきつづけている者も、
「今」という時間を大切に生きるべきなのだ。


もしかしたら、私たちには「明日」という時間はないのかもしれない。
だから「今日」そして「今」を充実させる人生を歩むべきなのだ。


……と、ここまで書いて何が言いたいのかと言いますと、
うちのおかんが送ってきてくれた現金で、よっしゃとばかりに飲みに行ったため、
もうほとんど手元に残ってないんだよーんるんるん、ということです。

いやもう、ほんま目先の楽しみしか考えられない人間なもんであせあせ(飛び散る汗)


三十路超えて、リタイアした60代の親に借金するだけでも人間失格なのに、
それを酒に使うってのは、もうね…。

地獄へ堕ちたほうがいいな、俺たらーっ(汗)
posted by まりあ at 23:12| Comment(2) | TrackBack(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「死」は、能動的に主体的に自覚できないなら考えるだけ無駄だぜ。

なーにが
>>それが「人が年をとる」ということだ。

だよっ!
バーカ、バーカ、他人の人生と自分の人生比較して何が得られるってんだ。

親から借りた金だろうが何だろうが、少なくとも呑んできた生中の一口、一杯は最高に旨かっただろ?

その一瞬こそが「人が生きる」ということさ!

それが得られたなら十分じゃねーか。
後で飢えたりひもじい思いをするかもしれんけど、その一瞬もまた「人が生きる」ってこと。
それでいいんじゃねーの。


でもま、ご利用は計画的になーwwww
Posted by せんのじ at 2008年07月30日 02:43
うおー、こんな時間に目が覚めちまった!

いや、死っつーのはこれっぽっちも考えてないんです。
むしろ性、おっと間違えた、生しか考えてない生き物です。

他人の人生と比較してもしなくても、
あまりにも特殊なこの状況は、変わりようありませんわね。
で、実際それを屁とも思っていないというね…

私が「生きている」と感じる瞬間ってなんでしょうねぇ。
やっぱ酒飲んでるときっすかねえ。
それがオゴリだったりした日にゃ、「ここで死んでもいい」ぐらい思いますねぇ。

今、うちの近所で生ビール5杯飲むともれなく1杯もらえるキャンペーンやってるんです。
というわけで12杯ほどいただいてきました。

1時間でな!
さすがにアル中を疑わないとな…
Posted by まりあ at 2008年08月04日 04:33
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。