Google

2009年04月07日

春を実感するとき


前の更新から一ヶ月以上経ちました。
みなさん、お元気でしたでしょうか?

わたくしはヘンタイでした。
間違い、タイヘンでした。

風邪はこじらせるわ食中毒で死に掛けるわ…
もうぜってー小籠包は食わねーあせあせ(飛び散る汗)


というわけで、仕事のほうがいちいちずれ込んだため、
とにかく今はいっぱいいっぱいの状態です。

いえね、量的にはショボいもんですよ。
ただ、生来の高倉健気質(不器用)なもので、寝てないのにこなせないのね。
終わらないのね。困ったね。


というわけで二日まともに寝てない私は、今、眠くてたまりません。

昨日の夜にちょっとだけ目が覚める出来事があったので、
せっかくなので、それをお話ししましょうね。


ときに皆さま、もうすっかり春…ですね。


春――そう、それはヘンタイがはびこる季節。
別名「変態ホイホイ」と言われる変態吸引力を誇る安倍が、
最も世の中から愛されるシーズンです。


昨日の夜、最寄り駅から我がトキワ荘までの道を歩いていきますと、
なんだか微妙な色のツナギを来た、バイク乗りに遭遇しました。
彼は私を発見すると、キーッとバイクを停めたのです。

私・安倍は元ライダーです。
バンディット、セロー、ドゥカ…いろんなものにまたがってまいりました。
春の夜、道を走る気持ちよさ、私もよーく理解できるつもりです。
ライダーならではの快感ってやつですね。
それを求めて、私もミッドナイトラン、しましたよ。


ただね、

そのライダーね、微妙な色のツナギを着てたんじゃなくてね、




全裸でした…orzたらーっ(汗)




春…ですね。


どう対処したか、ですか?
とりあえず股間を確認し、





「よっ! 仮性ライダー手(パー)




と、威勢よく声をかけましたよ。


仮性ライダー、時速100キロで走り去っていきました。
いやー、はやかったわー。

しかし、こんなこと言われて逃げるぐらいじゃ、
ヤツぁーまだまだアマチュアだな。
変態3級程度ってとこですね。


そんなこんなで春の訪れを感じます。

久々の更新がえらい日記になってもうたな。しらねしらね。
posted by まりあ at 09:14| 東京 ☀| Comment(6) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
確認するの?
Posted by BlogPetのナフコ at 2009年04月07日 14:48
> 仮性ライダー

転んだらズル剥けですね♪
・・・・・・・失礼致しました。

以前夜のローカル線で季節外れのレインコートの中年が女子高校生?の2人連れの前でご開陳したところを目撃した事があります。

夜の10時過ぎくらいで、塾帰りとも思えない茶髪ミニスカの女校生達は一瞬ひるんだと思いきや、すかさず大声で笑い出し、
「小せぇ〜!」
「見せる程のモンかよ!」
「オトナになってから出直して来な!!」
等々罵声を浴びせ続けたのです。

ああ何と言う事でしょう。怪人二十面相、じゃなくってレインコートの中年はそさくさと隣の車両のまた隣へと逃げて行きましたが、ま、こいつが悪いとは思いつつも、ほんの少しの同情を禁じ得ませんでした。

しかし、、、観客を読み間違えたり嘗めて掛かったりしてはいかん、という事ですなぁ・・・(しみじみ)

ではまた。
Posted by at 2009年04月07日 19:30
まりあたぁ〜ん♪
まりあたんが無事で何よりだわ。ほっ…。
とにかく、時間が出来たらゆ〜っくり急速じゃなくて、休息してね(^-^)b

ペットブログのナフコちゃんのコメントに笑った小梅より(* ̄m ̄)
Posted by 小梅 at 2009年04月08日 17:11
>集さん

仮性ライダーは風に吹かれて、
ナチュラルに剥けることを期待したのでしょう。

「仮性ライダーG」(Gは自慰のダブルミーニング)とかで
さわやかな学園ライダーものでも書けたらよいなと思います。

そういえば「ハレンチ学園」って面白かったなぁ〜。
「ハレチンコ学園」って企画、どっかに出してみようかなぁー。

わたくしがド田舎の女子高生だった頃はたいへんウブでしたので、
ちびっこ痴漢に出会ってもそんな機転のきく返し方はできませんでした。
いまどきの女子高生はすごいですね。

しかしわたくしはいつから人前で平気で下品なことを言うキャラになったのか…
やはり大都会東京が変えてしまったのかもしれません。
木綿のハンカチーフ、ください。ハンカチーフください。


>小梅ちゃん♪

私に集まってくるのは、
所詮3級程度のかわいい変態だからダイジョーブよーん。
いっそ変態師範クラスに出会いたいものです。

時間は全然できないよーう。
コメントのレスもなかなかできず…なんのためのブクロ、間違い、ブログかしら。
がんばって生きなくちゃ!
Posted by まりあ at 2009年04月18日 18:54
> ハレンチ学園

監督の丹野雄二さんには大変お世話になりました。
お亡くなりになったときも葬儀に駆けつけましたが、錚々たる顔ぶれで故人のお人柄をしみじみと感じさせていただきました。

奥様の稲垣美穂子さんとは面識だけあって仕事のご縁がなかったのですが、先日初めてナレーションのお仕事を手伝っていただき、長年の夢を叶える事が出来ました。さすがに60過ぎだと老いは隠せませんが、毅然としたチャーミングな方でした。


> やはり大都会東京が変えてしまったのかもしれません。

そ、そうでしょうか? 最早そういう話が好き、というか元から実は大好きだったとしか思えませんが? ・・・・・・失礼致しました。でも木綿のハンカチーフは無理です。せいぜい木綿の洗いざらしのズロース(縫い目にほつれや穴が開いてたりする)にして下さい。

それをヤフオク・・・は規制があるからイー●イあたりで「スーザン・ヨハンソン」の若い時の写真と一緒にオークションに出せば多分生活は少し豊かになると思います。

あ、スーザン・ヨハンソンじゃなってリブ・タイラーでもOKです。若い時のマチルダ・メイだったら多分私が入札を入れてしまうでしょう。

・・・私は、こんな時間に何をやっているのでしょうか・・・?
Posted by 集 at 2009年04月19日 04:46
おっぴろげ攻撃とか好きだったなぁー。
いつかやってやろうと目論むうちに三十路になってしまいました。
しかしそういうふうに思っていると、酒でタガが外れたときに
やってしまうかもしれない…とKなぎ君の会見を見ていて思いました。

気をつけよう。
ケッコー仮面出没の噂が出たら、それは泥酔した自分だったかもしれないと。

ええ、もともと先天性変態症候群だったわたくしが、
東京で開花したにすぎないですね。
そういえば小学校時代、校庭の二宮金次郎像にブルマーをかぶせたことを思い出しました。
ほんとははかせたかったんですが、銅像ゆえ無理でした。チッ

ちなみにブルマーに名前が書いてあったため、犯行がバレ、ものっそ怒られました。
そんな私が子どもたちの夢を背負って、子ども番組を書いているのですから、おそろしいですね。
Posted by まりあ at 2009年04月28日 04:35
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。