Google

2004年12月13日

エレファント(Directed by ガス・ヴァン・サント)


エレファント デラックス版ELEPHANT

コロンバイン高校の銃乱射事件をモチーフに、映像派のガス・ヴァン・サントが、事件そのものを描くのではなく、そこにいた人間たちの刹那を見据えて、唯一の映画を編んだ。

本作のあらすじはこれで充分だと思う。死という不可避な運命を背負う人間の時間に「絶対」という言葉がないように、この映画には予定調和的ストーリーは一切ない。ただ、憂いを含んだ雲の浮かぶ青空の下にある現実、数時間後に訪れる悲劇までの登場人物たちの時間を刻々と追っていくだけである。
酔っ払いの父親の世話をする少年、アメフトに興じる少年、仰いだ空を流れる雲が気になり目で追う少女、黄金色の落ち葉の絨毯の上で「今」を捉える写真を撮る少年、「今」を撮られているおどけたカップル、彼らが動くたび衣擦れのようにたつ微かな音−−いつもと変わらぬ日常と彼らの放つ生命の躍動を強調するように、キャメラは静かに時間をたどる。これから起こる悲劇の予兆として、ベートーベンの「月光」が流れるのだが、このピアノの旋律がなんとも恐ろしく、そして悲しく、彼らの上に響く。

まずガス・ヴァン・サントのキャメラは黄色いTシャツを着た金髪碧眼の今風の少年・ジョンを映す。彼が景色の中に佇むだけで画面にパッと色がつき、彼の呼吸を感じるだけでその画は切なさをもって引き締まる。彼は青春時代そのものの危うさと瑞々しさを体現した存在であり、もう数時間もすれば、この青春の権化は何らかの形で痛々しい疵をつけられることになるのだ。もちろん、観客にそう伝えることを可能にしたのは、撮り手のガス・ヴァン・サント自身が、登場人物の「ジョン」であるとともに、肉体を具えた一人の少年「ジョン・ロビンソン」である彼の若さに憧れながらも、ティーンエイジというあまりに不安定な時間を生きている彼への哀れみをも併せ持っているからに相違ない。
校舎の外に出たジョンに向かい、犬が喜んで駆けてくる。しなやかにくるりと回転する犬と、その犬と戯れるジョンとの無邪気な時間を、キャメラはスローモーションで、いとおしげに、ゆっくりと切り取ってみせる。これは、事件後には真っ白なままではいられなくなるであろう青春の美しき刹那に、敬意を持って別れを告げているのであろうか。

彼に代表される、ごくごく当たり前の学校生活を送る高校生たちだが、やがて「終わり」を選んだ者二人(いじめられっ子のアレックスと、その親友のエリック)による狂気によって、生者と死者、つまり時間が終わるものと続くものとに分けられる。そこには何の感情も選択もない。唯一、二人が選択したのは「校舎の中で開始し終了する殺人ゲーム」であり、校舎の外に出ていたジョンに「絶対に入るなよ。地獄を見るぞ」と忠告する。ただならぬ雰囲気を感じて、校舎外に出ている生徒たちに「入るな」と叫んで回るジョン。怪訝な顔で校舎へ向かう生徒もいる。学校に来ることになっている父親を必死で探すジョン。やがて怒号の如き銃声が校庭に響く−−。

ゲームのスタートは図書館。「ダサい」と言われても自分のスタイルを変えない少女・ミシェル、カップルやジョンの写真を撮り、狂気に支配された二人の写真をも撮ったイーライを凶弾に倒したのを皮切りに、無差別殺人ゲームは発展していく。通販で買った銃を担いで、二人の少年は手当たり次第撃ちまくり、殺戮を愉しむ。ただ一人、校長だけはエリックによって意志を持って殺される。校長に銃をつきつけているエリックに惹きつけられるように近寄って見にきた少年も撃たれる。
たくさん殺したことを楽しげに語るエリックを、アレックスは唐突に撃つ。絶命したエリックを確認すると、いよいよゲームの、そして自らの終焉に向かって、アレックスはドアを開ける。そこには、一時は校舎を後にすることを告げていたものの、戻ってきてしまったがために、この場に居合わせてしまったカップルがいた。「ど、ち、ら、に、し、よ、う、か、な〜」という楽しげな歌声と、恐怖に打ち震えるカップルの声がいつのまにか「エリーゼのために」に掻き消されると、アレックスの選択を待たずに、ガス・ヴァン・サントは映画の幕を引く。

ここで結果を類推するのは邪推でしかないが、前述したように狂気の二人は「選択」を放棄している。それを考えれば、結末は自明の理というものだろう。敢えて悲惨な現実を見せることはない、もう充分だ。痛ましい若さに潜む狂気は日常にやすやすと遍在し、それに呑まれてしまったら、一瞬で生と死が分かたれる。そこには何の選択の余地も慈悲もない−−。


「もういい、これでいい」−−そんなガス・ヴァン・サントの悲痛な呟きが聞こえてくるかのようなラストでした。雨後の澄んだ青空がエンドロールとして流れても、心は晴れることはなく、極端に暴走してしまった若さへの哀憐が重く、悲しく、舌に残る砂のような違和感を持って体内に残るのを感じました。

いや、ほんとうは書いた以上に、言及すべきシーンや人物や映画を紐解く鍵はいっぱいあるんですよ。たとえば、犯人の少年二人のシャワーシーンとか、イーライの「写真」とか・・・。でも、この映画は語る言葉を拒むというか・・・いや、違うな、書けば書くほど言葉が、映像の語るものに負けてしまって空回りしているのを感じて、途中で書く手が止まってしまうんですよ。たった81分で、こんなことやられちゃあね、DVD買うしかないでしょう!(観るのは1年後だけど)

いや、ガス・ヴァン・サント、凄いです。元々、好きな監督ではありましたが、ここ数作で「終わったかも…」なんて思ってしまっていた私をお赦しください。

ついでにジョン・ロビンソン萌え♪ハァハァ
posted by まりあ at 21:02| Comment(0) | TrackBack(3) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/1285839

この記事へのトラックバック

エレファント
Excerpt: 『ボウリング・フォー・コロンバイン』(以下『BFC』)と同じ題材だからといって、別に両作品を比較したいわけではなく、ただボクとしては『BFC』が良いという人間は、ああ、そちら側の方ですか、ボクとは関係..
Weblog: 秋日和のカロリー軒
Tracked: 2005-03-06 17:23

虚しくなるような青い空
Excerpt: 「エレファント」★★★ ガス・ヴァン・サント監督、 ジョン・ロビンソン、アレックス・フロスト主演 青い空 時折の歓声。 四角い建物が 光に満ちた景色の中に 存在する。 見慣..
Weblog: soramove
Tracked: 2005-06-09 07:26

エレファント
Excerpt: エレファント 不穏な空気が支配する美しい映像。 いや~、とにかく不穏だな。 なんかこう、大雨が降る前の黒い空みたいな雰囲気なんだな。 いつあの瞬間が訪れるのかってドキドキでした。 普通の学..
Weblog: カフェビショップ
Tracked: 2005-10-28 23:10
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。