Google

2009年11月14日

3ヶ月とか!


あべ、妊娠発覚!

というタイトルではなく、
フツーに3ヶ月も更新してなかったのねー、とビックラコ。


いえ、意味はないです。
単純にすごく忙しかったのです。

あとは仕事と仕事の合間に「神々に会う旅」っての、敢行してきたんですけどね。
これがよかったですよー。

まず、高千穂峡とか天岩戸神社とか、
記紀の神の地を訪ねて素朴な気持ちになって、
それからあべ的文学の神・椎名麟三ゆかりの地をめぐったという、
適齢期(ま、ちょっと過ぎてるけど堪忍な!)女子の旅とは思えぬヲタツアー。

やっぱり原点に戻らないとだめです。

これまでの雑念がひとつの区切りをもち、そしてあらたな決意を呼んだ旅でした。


うはっ!
なんか、らしくねーなー。


しかし、麟三先生の生家に行こうとしたら案内が全然出てない!
書写山の住職にきいても「生家? んなもん、もうありまへん」。
地元のひとを捕まえて聞くも「はて? どちらさんですかな?」。
観光案内所で調べてもらい、とりあえず「生家は実在する」ことを確認。

地図をもらっていざ出発!
しかし、まったく看板はナシ。


いやいやいやいや、日本を代表する戦後文学の作家なんだからさー、
誇ってくださいよ、地元の皆さん!!!



で、「そろそろこのへんだな」と確信し、
興奮を抑えつつ、周辺を探ってみると――



kanban.JPG




orzあせあせ(飛び散る汗)


粗大ゴミの看板といっしょくたにされとる…たらーっ(汗)


ああ、私の神の生家の案内が、ゴミの看板といっしょに…




だめだ。
悲しすぎて、もうこれ以上、書けない…。

というわけで、今宵はここまでにいたしとうございます。


ってのは冗談で、明日締め切りのブツがあるのですよ。
先につながるかわかんないですけど、やるだけやらなくちゃ。
神々にパワーをもらったことですしね。
粗大ゴミといっしょにされても神は神!!!


それにつけても旅のよさってのは、
やはり人間の素晴らしさにあらためて気づかされることです。
旅先で出逢ったすべての人たちに感謝です。

ま、旅のいちばんの醍醐味はご当地グルメなんですけどねるんるん
食べ物のおいしい土地は、ひともやさしい。これは真理ですよ。


さーて、エンジンもかかったことだし、仕事しますかな。
がんばりまんこすもす手(グー)


posted by まりあ at 12:55| 東京 ☁| Comment(2) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
>これまでの雑念がひとつの区切りをもち、そしてあらたな決意を呼んだ旅でした。

…最近、また雑念が混じってきてないか?w

しかし、麟三先生の文学碑の写真、コレ改めてみるとスゴイなwww
うちらの畑の白菜の方がまだ大事にされとるw
Posted by さーもん at 2009年11月21日 15:26
昨年はお世話になりました。
年末にさっそうと登場したニュースター・ソバのおかげで、なかなか楽しめましたな!

しかし忘れてはいけません。
我々の明星(スタア)はあくまでも白菜です。

今年も4649お願いします。

麟三先生、この雑な扱いにまた一層いとおしさがつのりました。
Posted by まりあ at 2010年01月08日 07:24
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。