Google

2006年05月07日

ドリフ5分の2

普段は特注コンタクト(アジア人にはありえない瞳孔のため)を愛用している安倍ではありますが、ひとたびメガネをかけますと、その姿はドリフの加藤茶(コント仕様)ソックリです。それは昨日のエントリにも書きましたが、世間様に公開した暁には「カトちゃんの妹さんでしょうか」と言われること必至です。

ええ、それぐらい私とカトちゃんは切っても切り離せないものなのです!

ついでに言えば、安倍のくしゃみは見事に「ヒックショイ!」と発声しますため、幼少の頃からくしゃみをするたびに「カトちゃんやん」と失笑を買っておりました。


それはさておき、本日未明−−
ちょっといいことがあったもので、仕事そっちのけで酒をあおるぞと決めた私は、ありあわせの材料で肴を用意し、発泡酒を1缶、2缶…と調子よく空けていきました。



(゜Д゜;)ガッどんっ(衝撃)!!!



タラコスパを食べていたとき、私はタラコスパといっしょに自らのタラコ唇まてガッツリと噛んでしまいました。




うっ、うおぉぉおおおーー

い、いい、痛ってぇええーーーーあせあせ(飛び散る汗)




悶絶する痛みではありますが、タラコ唇の宿命とでもいうべきでしょうか。唇を噛むことには慣れておりますため、さほどの動揺はありません。
「あーあ、口内炎になるなぁー」
と思いつつ、ティッシュで流血を拭い、何事もなかったかのように、アルコールで消毒じゃとばかりに発泡酒をあおったのでした。

続きまして、私の大好きなチーカマを剥きました。
ええ、私、晩酌のお供にチーカマがあれば他には何もいらないというほどの無類のチーカマーなのです黒ハート

「くぉー、うんめぇーー揺れるハート
フゴフゴと口に含みつつ、極上の幸せを噛み締めておりましたところ、




Σ(||゜Д゜) ウガッどんっ(衝撃)!!!!




幸せって血の味なのですね、と認識するまで約3秒。
私は再び、今度はめいっぱい唇を噛んでしまったわけです。

しかも、さっき噛んで少し腫れていたところをまた噛んじまったもので、さらに腫れ、口を開くのがしんどくなったほど…(ノД`)

「こ、これはもしかして朝起きたら過去最高のスーパータラコ下唇になるんじゃがく〜(落胆した顔)

私は慌てて口内炎の塗り薬をつけ、仕上げにチョコラBBも飲みました。
すぐに歯を丁寧に磨き、さらにまた薬を塗布。

「フー、これだけやったらそんなに腫れることもなかろう」

自らの適切な処置に大満足したまま、私は眠りにつきました。


さて、そんなこんなで今朝。
起きて鏡を見、私はたいそう驚きました。



私の顔の上半分には加藤茶
下半分にはいかりや長介がいたからです。




そうです、今、私の顔の中にはドリフターズ5人(荒井注は除く)のうちの2人がいるというわけです!!

「加藤、オイッスー!」
「ちょっとだけよ〜ん」


と、一人二役コントもバッチリです手(グー)!!




…全然うれしくねーよたらーっ(汗)


posted by まりあ at 14:29| Comment(5) | TrackBack(1) | ある日の安倍記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
一人四役か。。。
猿之助もびっくりでんがなー。

↑「かとちゃん」&「いかりや」の画像が欲しかったにゃ。

まっ!ブログの更新が、賑々しくなって、祝着至極。
Posted by だはは ♪ at 2006年05月07日 16:13
まりあチャマ
なんと、加藤茶に似ているとは・・・
牛乳ビンの底みたいな、眼鏡をかけてるんすか?
実態はいかに!
にゃはは ♪
Posted by 本家 なはは ♪ at 2006年05月07日 18:24
ああ、まりあ様。
ひとりドリフとは、おいたわしや。
まりあ様の将来におかれましては、唇をかむような人生ではあられませぬよう。
だっふんだ。
Posted by 志村けん at 2006年05月09日 14:43
本日も、ドリフ5分の2を保っている安倍にございます。

>コックさんよ

いろいろ検索したけど、安倍の実像に比べると、加藤もいかりやもインパクトがなくてさー。
高木ブーはさすかの破壊力があったが…。
関係ないけど、以前住んでいた早稲田の町に、高木ブーの親戚が経営しているらしいつけめん屋(その名も「高木や」)があって、今、そこの豚しゃぶつけめんが異様に食いたい安倍でございました。
このつけめん、すげー、ウマいのだ。いい豚使っているんだろうな。
ハッ、もしや高木ブー本人の肉!


>慎之介ちん

ええ、そりゃもうキッツいでー。
なんせ安倍の裸眼は0.01以下ですから。
ええ、花も恥らう女子高生時代には
「金魚ばち子」
と呼ばれたこともありますね。
おかげでメガネ姿をさらした修学旅行ではみんなの人気者になれました。
今となっては懐かしい思い出です。


>志村kenさんよ

ひとりドリフ……
いえ、どうしても仲本工事を入れられないのです!
これは大問題ではないでしょうか。
やはりタンクトップに白いジャージズボン姿で体操をするしかないのでしょうか。
いいえ、ダメです。私は、あの機敏な仲本工事にはなりきる自信がないのです!!
挫折を味わう三十路の朝…
そっと唇を噛み、またいかりや度が増す安倍なのでした。

Posted by まりあ at 2006年05月10日 06:36
>ハッ、もしや高木ブー本人の肉!

キャハハハハ!
でも、おいらも喰ってみたい。。。
生ジョッキと・・・ (じゅる
Posted by わすだす ♪ at 2006年05月10日 15:37
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

沖縄のスーパーバスガイド【崎原真弓】に入門!
Excerpt: おもしろいブログですね! 私のブログにも沖縄の面白い情報がありますよ 2005/8月TVで見たかな、ぜひ遊び
Weblog: <$沖縄大好き情報$>
Tracked: 2006-05-13 22:48
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。