Google

2009年01月03日

あけおめ


ことよろです。

私は年末年始もほぼ仕事でした。
芸事に身を置いた者の暮らしなんてそんなもんです。

あっ、でも神社におみくじを引きに行きましたYo!
「大吉」でした。
他人の助けでいろいろうまくいくんですって。
というわけで、今年はすべての知り合いに寄りかかって生きていこうと思います。


そんな私に父・ヨゼフが手紙をくれました。
以下、サクッと転載してみましょうね。


「そろそろ結婚してはいかがですか?

 父も四捨五入すれば70です。
 最後に安心したいのです。

 あなたの仕事が並大抵の精神力ではもたないものであることは理解しています。
 だからこそ、私生活で心の安定を手に入れてほしいのです。
 
 今までこんなことを言ったことはありませんでした。
 あなたの人生ですから、あなたの好きなようにと思っていました。

 しかし、あなたには安心できる暮らしが必要なのです。
 むしろあなたのような人は特に」



なるほど、ヨゼフもああ見えてひとの親でした。
やはりフーテンの末娘のことは心配なのでありましょう。

娘のことをよくわかっているのですね。
ありがとう、父よ。

そう思いつつ、便箋の二枚目に目を通すと−−


「あなたで良いと妥協してくれる人は、世界に一人はいるはずです」



ちょ!!!

卑屈すぎ!!!!!


父よ、
アンタは知らんだろうが、
娘は三十路ではあるけれど結構モテるんだぞ!


マジ、ペットショップ行くとすごいからねー。
犬・猫・ハムスターまでも、べったり擦り寄ってくっから。
わんにゃんワールドなんて行こうもんなら、全動物がこっちにくるし。

人間? 男子?
ああ、いましたね、そういう生き物も。
父いわく世界に一人ぐらいしかいないようなので、気長に待つとしますワイ。


今年は生活環境も大きく変わりそうなので、
食いっぱぐれがないように、とにかく仕事をがんばるしかねーわな。

てなわけで今年もよろしくです。

posted by まりあ at 21:21| 東京 ☀| Comment(4) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月16日

さきほど30を迎えました


あ、タイトルは安倍の年のことではなくてね。

この一週間の栄養ドリンク&眠気覚ましドリンク&風邪薬ドリンクの消費本数です。
おかげでビンだらけだわー。

2日に1度(ここ数日は1.5日に1回ペースだったな)打ち合わせと締め切りがあるので、帰りに最寄り駅の薬局に寄って、
「期限切れ近くのため激安! 50円! キタコレ!」
とデカデカと貼ってある栄養ドリンクを3本買います。
で、現地でもうちょい高い風邪薬ドリンクを
「ここで飲んでいっていいっすか?」と注入して帰ってくるわけです。
最近、通ってるものだから店員さんもすっかり私を覚えてくれて、
「ドリンク、新しいの出しておきましたよ。3本で大丈夫ですか?」
「これ試供品なんですけど、箱ごとどうぞぉー」
と、サービスいいので、また通うというね。薬局バンザイ!

それがここしばらく続いてんなァー。
こういう生活も、そのうち慣れてくるから、あ〜ら人体って不思議。


言い忘れてましたが、わたくし、今、ひでー風邪っぴきです。
パソコン見るのもつらい頭痛だったりします。

しかし「風邪を引きました」というと
「言い訳すんな!」と返ってくるので、ググッと口を閉じて、
ひたすら「ちくしょー! ぜってー乗り越えてやっからな!」と耐えているわけです。
負けず嫌いなのかドMなのか、それとも両方なのか両刀なのか…

まあ、あれですよ。
すべて自分の不器用さが招いていることなんですよ高倉健。
生まれ変わったらもう少し、器用に生きられる人間になりたいです。

どうでもいいけど「器」って字、ボンパーに似てませんか?





ちょっとボンちゃんっぽくピンクにしてみました黒ハート
…ってゴーオンジャー観てる人にしかわかんねーよ! 


今晩は少しホッとできる時間ができました。
DVDを観よう。
もちろん、アレっすよ、器とかオカマが出るやつ。どんだけ好きなんだ!

最近、自分の幼児化が進んでいく気がしまちゅ。
posted by まりあ at 00:34| 東京 ☀| Comment(2) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月04日

サンタさんに頼みたいこと


いつの間にか12月ですね。ビックリしました。
あまりにもビックリしたので、スキンをクリスマスっぽくしてみました。

読みづらいな…
ま、いいや、どうせ数週間じゃ。


しかし、今はハンパなく忙しいです。
基本的にスロースターターでマイペースの私は、たくさんの仕事を抱えることができません。

が、やってます。
問答無用な状況です。

2日にいっぺん締め切りがきて、2日にいっぺん打ち合わせ…が、最近のデフォです。
逢いたい人にも逢えず、さびしい限り。
んでもこれを乗り越えたらきっといいことある!…はず。


12月24日はクリスマスデブ、間違い、イヴですね。

イヴというと生理痛の薬しか最早思い浮かべることができない私ですが、
それまでには仕事の目鼻をつけていたいものです。

イヴが来るまでには逢いたいあの子に逢っていたいものですYo


ん?

あの子?


相手は女子かよ!!!


どうでもいい男に会うより、
いい女に会ったほうが人生楽しいしね。



ところで先日、私の書いたホンのDVDができまして、ようやく観ました。

カーッ、腹よじれたwwwww

い、いかん、本人がこんなに笑ってどうする!
いやー、役者さんや声優さん、スーツアクターさんはすごいわいwww


今は事件もの・恋愛もの・子ども番組を並行してやってますが、
アタシゃ、子ども番組がいちばん好きだなぁ〜。
考えていても書いていても観ても楽しいんだもん。
ひそかにヤクザものも好きなんで、
子ども番組の付録DVDなのにあんなことになってしまったがく〜(落胆した顔)というね。

あんな好き勝手書いたものを、よく映像にしてくださいました!
しかも監督がさらに勢いつけちゃったしw

「笑った」という感想が多くて、ほんっと嬉しかったわー。
来年も作れたら嬉しいなぁ。
K社さん、よろしくお願いします揺れるハート


フー、昨日の夜に打ち合わせした物件を明日の朝までに出して、
同日午後から打ち合わせです。


…ん?
いつ寝たらいいのかしら?


サンタさんに何か頼めるなら、
1時間の睡眠が6時間分に感じる超安眠マクラがほしいです。

ジャパネット高田に売ってないかね?

ってサンタに頼まなくても高田さんに注文すればいいんじゃん。


さて、仕事すっぺ手(グー)


posted by まりあ at 17:43| 東京 ☀| Comment(3) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月18日

ファミレス


孤独な都会の女の例にもれず、私も無類のファミレス好きです。

ってかドリンク飲み放題ってのが、もうね揺れるハート(←ただのケチじゃねーか)


なんとなく、ネタに困ったときには夜中のファミレスにいくのが私のデフォ。
「ありえない!」という組み合わせの客がいたり、
どうみても還暦すぎのおじいさんがウエイターやってたり、
できあがってきた料理も「あきらかにこれ余りものを処分したよね?」って大量ぶりだったり、
なんというか、カオスなんです。

うちの近所のファミレスがたまたまそうなのかもしれないけれど、
田舎の喫茶店みたいな雰囲気というか、ミョーに落ち着くんですよね。

ちなみに去年の年末、私がオイハギにあって携帯しか手元になかったとき、
泣きながら友人に電話をして、ようやくつかまったひとりをひたすら待っていたのも、このファミレス。
泣いて突っ伏してる私に
「よかったら、飲んであったまってください」
って、店員さんがココアを持ってきてくれたなぁー。
「こちらも、よかったら」って自前のチョコくれたり…
おかげでショックもやわらぎ「あ、警察行かなきゃ」と次のステップに進めたんですよ。

いやもう、ほんっといい店員さんでした。ぶっちゃけ恩人?ぐらいの勢いですよね。
まったく顔覚えてないけど(←人として最低やな)

というわけで、とっても好印象のご近所ファミレス。
はっきり言って料理はまずいんてすが、なんか雰囲気がいいもので、
深夜でも客がいるんですよね。

ちなみに昨日、私が頼んだもの。

発泡酒ジョッキ2杯(一気に)。
ポップコーンシュリンプ、ほうれんそうソテー、シーフードサラダ、鳥のからあげ。

完全に居酒屋状態ですねたらーっ(汗)


まあ、そんなこんなで考え事をして、帰ってきて寝ました。
もちろん、前向きな考え事ですともYo!
「どうやっておかんを言いくるめてお金送ってもらおっかなー」とか(←人として最低にもほどがあるな)

2万しかない全財産のうち1万をひとに貸した(しかも返ってくるアテはなし)もので、
請けるつもりのなかった仕事を請けてみました。
これからは下を向いて歩こうと思います(目標、一日1円小銭ゲット!)。


…と、ここまで書いて私が何を言いたいのかといいますと、
ひとりで飲むよりは誰かと飲みたいものだな(できればおごりで)ということです。

そしたら幸せになれそうな気がする…(←安直)
posted by まりあ at 13:27| 東京 ☀| Comment(5) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月14日

ある作家の言葉


生きていれば苦しくてたまらないことがあります。

誰かに救いを求めたくても、強気キャラでいる私には相談する人がいないのが困りものです。


そんなときは、私はある尊敬する作家がくれた言葉を思い出します。

「物書きは苦しむ。苦しんで書くから人を離れた面白いものが書ける。
きみは妖怪。書くことはきみを救う。むしろ書くことでしかきみは救われない」


確かに私、ボブだった頃は妖怪人間ベラに似ているとよく言われていました。

…いや、それは関係ないな。


仕事上で物語を書くことに煮詰まったときは、死にたくなります。
その思いはとりあえずめちゃくちゃな言葉ででも、
ひとこと「死にたい」とだけでも、書きとめておくようにしています。
あとで読むと「バッカじゃねーの(ワラ)」と思うようなことでも、そのときの正直な言葉なので、
とにかく出して、出して、言語化して冷静になるように。

人間関係に煮詰まって死にたくなるときは、とりあえず何かを書くようにしています。
ひとつの掌編だったり、表現だけだったり、誰かへの宛てのないメールだったり。
とにかく大事なものを壊してしまいがちな自分を戒めるために。


うむ、やっぱり書くことは私を救っているんだな。
それを仕事にしていられているのだから、苦しくても幸せな人生なのでしょう。

っつーか、本音いえばね、
書かなくても幸せでいられる人生がよかったよーあせあせ(飛び散る汗)

しょうがない。
私は私に生まれてしまったのだから。妖怪だもの。


オイ! よく考えてみたら「妖怪」ってアンタ!
失敬だな、あのクソジジイむかっ(怒り)

いつか自信を持って「これが私の作品だ」ってものをみてもらいたいです。
愛するひと、すべてに――


posted by まりあ at 23:15| 東京 ☀| Comment(5) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月15日

さよならは別れの言葉じゃなくて


ふたたび会うまでの遠い約束。

ベイスターズ・石井琢朗が自由契約…横浜日本一とCoCoの女っぷりをあげた功労者でしたね。
どこへ行くかわからんが、がんばれ!


さて、本題に戻りまして――

わたくし安倍、そろそろこのブログを卒業しようかと考えております。

今は安倍名義の仕事が制限されていて、告知もうまいことできないしね。


まあ、なにより、その…ですね、
いよいよくるべきときがきたと言いますか、わたくし、結婚することになりましてね。
安倍の代名詞だった「負け犬」ではなくなってしまうわけですよ。

っつーか、電撃もいいとこっすね。
いるんですねー、私のような頭のおかしい人間と添い遂げたいという珍獣って。
ちなみに妊娠はしておりません。


ええ、ハッキリ言って幸せですよ。
安倍はこう見えて愛の人ですから、愛する人がいれば仕事もがんばれるっちゅーもんです。

次は新婚ライフでも綴っていきましょうかね。
アホみたいにあま〜いやつ。



しかし幸せな安倍なんて安倍じゃないよなぁ…


よしっ、結婚はやめよう手(グー)



というわけで、まだまだ独身負け犬ライフの続くわたくしですから、
文章の盗用は勘弁してね♪
今度文章丸パクリしやがったら、出るとこ出るぞ!
そもそもさあ、俺のエントリをパクったところで、人格疑われるだけだぞ!


……と、当人にはメールしましたけど、
とりあえず、数個を残してエントリは当面非公開にしますです。


まあ、壮大な前フリしましたけども、
結婚の予定なんて全然ないんですけどね、フフフ(←最低だな)。


締め切りが今日だってことに加えて、文章の盗用を見つけちゃったものだから、
ちょっと正気を失っているのね。クスクスクス

そしてまた婚期を逃していくんだわーわー。

posted by まりあ at 05:23| 東京 ☔| Comment(2) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月09日

たぼー


先日完成したドラマのホンは、明日から撮影です。
放映は年内だと思います。ありがたや〜。
で、頼まれていた映画用企画書にとりかかっていたところ、
また別の仕事がきました。ありがたや〜。

11月発行予定の『映画時代』vol.2もまたかかわることになったので、そっちもそろそろやんねーとな。

てなわけで、今月一杯はまた多忙な日々となりそうです。
がんばりますよ。
三十路独身はおとなしく仕事に生きるのdeath!


そんな私の最近の癒しはコレ。
30秒足らずの映像ですので、よろしければご覧くださいまし。





ああ、何度観ても癒される〜黒ハート


もう彼氏なんてイラネー!
結婚? なにそれ。
猫さえいればいいわい!(←キレることないだろう…哀れな)

えーっと、そういえば2008年の私の目標、なんでしたっけ?
なんか電…ってのでしたよね?

電車マニア?
電気ブラン?
電動コケシ?

あら、すっかり忘れてしまったわー。
思い出したら来年、その目標を設定しようかしら。


さて、仕事仕事るんるん
posted by まりあ at 21:22| 東京 ☀| Comment(3) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月20日

モーレツライター


いやはや、猛烈に仕事しました。

猛烈な偏頭痛に耐えながら…

今晩だけゆっくりして、明日からまた仕事仕事しごと〜!


子ども向け番組の印刷台本があがってきました。
カリスマPから
「どーんと持っていっていいよ!…3冊ぐらい(←微妙やな)」
と言われたので、遠慮なく3冊ゲット。

あらためて読んだのですが、いやー、よくコレ許してくれたなぁ。
ありがとうカリスマP&イケメンP、そしてK社の皆さま黒ハート
おかげでとっても楽しい仕事になりましたYo!


撮影、とっても観に行きたいのですが、
もしかしたら京都で打ち合わせと重なるかもしれず…

ああ、私の作ったあのキャラ、見たかったのにぃ〜。


情報が解禁になったらボジョレーヌーボーなみに猛烈に宣伝しまくってやろ。


ってか私、子ども向け番組書くの、好きだわー。
意外に向いてるのかな?
結局、とりあえず暴れさせといてあとでクソミソに悪党をやっつける!
ってとこでドSゴコロが発揮できるから?

ウフン、とりあえず完成が猛烈に楽しみです揺れるハート


さ、引き続き仕事仕事。
ヒー! モーレツな催促の電話が……

posted by まりあ at 21:16| 東京 ☁| Comment(2) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月10日

癒されたい


フー、なんだか無性にのんびりしたいです。

いえ、今の生活に不満があるとか、逃げ出したいとか、結婚したいとか、
そんなことはないんですよ。(←ほんとかよ!?)
仕事もそこそこいい感じだし、人間関係もまあまあいい感じだし、
不満があるとすれば生理不順ぐらいで。

まあ、そういうときだから、
スピリチュアルフリーな状態(なんじゃそりゃ)になって、自分の魂を解放して、
さらなる幸せを手繰り寄せたいというね。

わーお、意味不明。


いろいろ御託並べてみましたけど、
要するに小説を読み終わったあとのストーリー整理に飽きたので、
気晴らしにバリに行ったときの写真なんぞを見ていたら、また行きたくなりましたぁ、ってそれだけっす。


いいですよ、バリ。
のんびり過ごすにゃいちばんいいです。
わたくしのライター仲間たちも、疲れるとバリバリ言ってますし、
癒される&活力をくれるナニかがあるんですな、アソコには。

安倍が撮った写真、ちょっくら公開してみますかのぅ。
画像はクリックするとおっきくなりますよぅん。


画像いろいろ 046.jpg


しょっぱながコレかよ!

いや、バリに行ったらこういう生活なんだもん。
ヴィラのプライベートプールの横のデッキに寝転びながら、小説を読むというね。
ちょっと飽きたらそのままプールに飛び込んで、ビンタンビール飲んで、また読書。
で、眠くなったら、風を感じながら寝るのです。

ちなみにここはスミニャック地区にある「ザ・サマヤ」。
私のいちばんのお気に入りヴィラです。

メシもウマーです。
こんなん、食ってました。上がサテ、下はミーゴレン。


画像いろいろ 032.jpg


.


とにかく時間がゆっくり流れていくもので、
地球に生かされている自分を感じられるのですよ。


画像いろいろ 067.jpg


海に沈む夕日を見ていると、目の前で犬たちがたわむれはじめて、
「ああ、コイツらと同じ時間を生きているんだなぁ」
と、わけもなく感動したりして。


画像いろいろ 087.jpg

渓谷の中のヴィラのプライベートプールで泳ぎまくって(ここはウブド地区の「プリ・ウランダリ」っす)、


.

夜は天蓋つきベッドでゆったりと寝るというね。

ああ、思い出すなぁ〜。至福の時間を揺れるハート


会社員時代は毎年海外に行ってたけれど(っつってもセコい旅行っすよ)、
貧乏ヒマなしライターと化した今はもうムリだわー、ハァダッシュ(走り出すさま)

一週間でいいので、またいつか行きたいなぁ。
で、時間を感じながら、地球に抱かれる感じを味わうのです。
おいしいもの食べて、スパやって、アホみたいな雑貨買って…
限られた人生だからこそ、贅沢な時間の使い方をして楽しみたいですよ。

もちろん愛する人とねッ、ダーリン黒ハート 


うっわー、言ってて自分でサムいわーあせあせ(飛び散る汗)
サムボロでまくったことだし、仕事に戻りますわい。


あ、ちなみにサムイ島もいいとこでしたYo!
日焼けできない体質(ってか紫外線アレルギー)のくせに、ビーチって好きなのです。

だってビーチで飲むビール、激ウマじゃないっすか!!!

↑ マジでビールを飲むためだけに日焼け止め+タオルで完全武装して
 ビーチに行く女、それが私・安倍です。


*ついき*
seesaaの不具合なのか、現在コメントを書き込めない状態になってるようです。
っちゅーわけで、kenさんよ、レスはもうちょっと待っててちょ。
posted by まりあ at 02:59| Comment(4) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月09日

ひとつ片づく


子ども向け番組用の企画は無事に終了しました。
なんだかいやにスムーズに進んだので、ホン書くのが楽しかったです。

担当Pのひとりがイケメンすぎて緊張したのですが、
イケメン+気さく+仕事ができるという強烈コンボの御仁なもので、
最後はもういろんなものを超越してしまってラクになりましたね。
安倍のイケメン苦手病、少し克服できた気がします。

いろいろ勉強になる仕事でした。
おもしろいものになるといいなぁ。


と、そんなことを考えていると、携帯がプルルと鳴りました。
ああ、この番号は…キリッと胃が痛みます。

「読めましたか?」

先方は、私に預けている某作家のド長編小説のことを言っているのです。

どっひぇ!
まさか別の急ぎの仕事してたから半分ちょいしか読めてないよーん、とは言えず、
しかし「魔法使い」の前科がある私は嘘もつけず、

「もうひといきですとも」 (←ロボットみたいに抑揚のない口調で)

と、実に曖昧な返答をしてしまったというね…。


こうなったら速読します。
昔とった篠塚、じゃねー、衣笠、じゃねー、キネヅカで、3時間で読了してやるぜ!

1000枚以上あるんですけどねあせあせ(飛び散る汗)

あうあう、急いで読む読むっす。
楽しんで読みたかったのにィ〜ふらふら
posted by まりあ at 11:44| Comment(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月31日

疲れた…


おいおい、なんだこの遺書みてぇなタイトルは!

いや、ただ「疲れた」とこぼしたくなっただけです。
眠気が吹っ飛ぶようなこともあったりしてね。
雨にも降られたことですし、心身ともに疲れましたよ。はい。


って、なんのことやらわからないつぶやきはほっといて――


とにかく「映画時代」は明日発売!
んでもって安倍は明日、ふたつ締め切り!
今日は徹夜になりそうなので、ユンケル、買ってきましたYo手(グー)

疲れてる場合じゃないのよーんるんるん
posted by まりあ at 20:35| Comment(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月18日

夏が私を変える


自分的に大きな企画がひとつポシャりました。
期待が大きかった分、この反動は結構キツいものがあります。

関係者が見ているかもしれませんが、あえて書かせてください。

私はこの苦しみを必ず何らかの形に表現してみせます。
だから今回のことは私の人生にとって、正しい選択・結果になると確信しています。
心の奥にこびりついた苦しみは、きっとすぐに流れてしまうことでしょう。
そしてこの傷痕を覆うやさしい瘡蓋――この宝物を丁寧に剥がしながら、私はものを創るのです。

苦しみを糧に、昨日よりも確実に成長したであろう、表現力で。


そんな一過性の苦しみなどではなく、
自分が自分であることでつきまとうどうしようもない苦しみこそ、
内面を削ってものを創る表現者が戦うべきものだ。

「自分の苦しみを知っているのは自分だけしかいない」――
このことが内包するふたつの相反するファクターは、孤独そしてしたたかさ。
どちらに身を沈めるかは、自分自身の前を見る目、人生を楽しむ目、それにかかっている。
たとえば孤独を感じても、それを楽しめるような苦しみであれば、
きっと表現するものに活かせるはず。


私の人生が終わるとき、
自分が自分であることの誇り、それを愛する人に伝えて死にたい。
そのために、私はものを創り、人を愛する。
私の人生の価値観は、表現と愛、これに収斂されるのだから、
とにかく、ものを書いて書いて、人を愛して愛し抜くしかない。


ものを創る過程ではとかく絶望的な気分になることが多い。
だけど絶対に人生に絶望なんかしない。


それが私、安倍まりあです。


……と、ここまで書いて何が言いたいのかと言いますと、
とりあえず結婚して、とっとと絶望的な気分を追っ払っちまいてぇなってことです。(←結局それかい!)
posted by まりあ at 06:17| Comment(7) | TrackBack(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月06日

結婚しました


えー、突然ですが 結婚しましたぴかぴか(新しい)
入籍はもう少し早かったんですけども、式はこの前の日曜に。


お互いオモローですから、きっと笑いの絶えない家庭になると思います。

なんつーの?
照れもなく言えば、世界一オモロい夫婦になるっつーの?
そんなとこです。


とにかく「結婚した」「幸せになります」ということを、
皆さまにご報告したくて更新しました。



…えーっと、ワタクシの関西の親友ふたりが、ね。



おめでとう。☆&マスター。
ふざけてんのかマジメなのか、中途半端な電報でごめんなぁあせあせ(飛び散る汗)
エロエロ電報にして、もしまかり間違って式で読み上げられたらやべーよな…とか理性が働いちまってい!

いつまでもお幸せに。

愛してるよぅんるんるん
posted by まりあ at 23:46| Comment(3) | TrackBack(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月29日

限りある人生のなかで


子供向け番組に関わることになりました。
ずいぶん先の話ですけど。

企画の立ち上げから参加させてもらっているので、思い入れの強い作品になりそうです。
実際、傑作の予感もします。

実現するのは来年以降――
それまで私は生きていられるのかな、とふと思う。


人生なんて長いようで短い。
まわりの同級生たちは、もう人生の激しい山谷を越え、
穏やかな地平にたどりつこうとしている。
きっとこのままゆるゆると時は流れ、さしたる驚きも新味もない日々を送ることになるんだろう。

仕方ない。
それが「人が年をとる」ということだ。

それに対し、私はどうだろう。
明日の生活すらわからない。
それはある意味では「冒険の続く日々」であって、
もしかしたらこの刹那的な人生を羨む人がいるかもしれない。

だけどそんな時間を過ごす私も「年をとって」いる。


どんな時間を重ねようが、誰にでも平等に訪れるものがある。
それは「死」だ。


いつ死神が鎌を振り下ろすのか、それは誰にも分からない。
ならばどんな時間を生きている人にとっても、この「今」という時は平等に重いものだ。
人生が定まりつつある者も、今もなおあがきつづけている者も、
「今」という時間を大切に生きるべきなのだ。


もしかしたら、私たちには「明日」という時間はないのかもしれない。
だから「今日」そして「今」を充実させる人生を歩むべきなのだ。


……と、ここまで書いて何が言いたいのかと言いますと、
うちのおかんが送ってきてくれた現金で、よっしゃとばかりに飲みに行ったため、
もうほとんど手元に残ってないんだよーんるんるん、ということです。

いやもう、ほんま目先の楽しみしか考えられない人間なもんであせあせ(飛び散る汗)


三十路超えて、リタイアした60代の親に借金するだけでも人間失格なのに、
それを酒に使うってのは、もうね…。

地獄へ堕ちたほうがいいな、俺たらーっ(汗)
posted by まりあ at 23:12| Comment(2) | TrackBack(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月28日

眠れない夜に思う幾つかのこと


明日は某子供向け番組の打ち合わせです。

資料を読み、企画書をプリントアウトし、準備は完璧。
あとはしっかり睡眠をとって、明日のために頭の回転の余力を作っておかなくてわ。


眠れん…

こんなもんだ。


そういえば、とふと気づく。
気がつけばもう7月も末。
今年はあの男の誕生日を思い出さなかった。

仕事に追われていたわけでもなく、プライベートが充実していたわけでもない。
ただ、忘れていた。
それだけのこと。

時間は経つものです。


もうすぐ8月。
私の半身が失われた日が近づく。

それも忘れてしまう日がいつかくるのかな。
忘れてしまいたいけれど、忘れてはいけない痛みのはずなのに。


自分の人生が変わるようなことが起こるのは、決まって8月だ。
今年もきっと何かが起こる。それは間違いない。

そんなとき、私はあの痛みを思い出す。
ふわり飛んで、目の前で消えてしまった。
どうしてあの手を握れなかったのか。
今も耳に残る、
「我慢させてごめんね」
という言葉。

私は何も我慢なんてしていなかった。
当たり前の人生だった。
だから謝ることなんてなにもない。

そう言いたかったのに、伝えられなかった。


私の愛する人たちは、生きるのが下手な人ばかりだ。

あなたならもっとうまく世の中をすり抜けられるだろうし、
自分自身とも折り合いをつける意志を持っているでしょうと思える人なのに、
どうしてだろう、みんな社会の入り口のところで躓いている。
抱かなくてもいい劣等感を持っている。
自分の命を散らした人もいる。
必要がないのに。


どうして誰も救ってあげられなかったんだろう。


思い返せば、生きるのが下手な人は愛を求めてやまない人が多い気がする。
それは、私も含めて。
だけど、私は生きている。


私が生きているのは「愛」を知っているから。


「幸せになることを放棄しているようにしか見えない生き方をしている」
と指摘されることが、私にはよくあった。
たぶん、望めばすぐに、彼らの言う「幸せ」を得ることができた時期は、何度か訪れていた。

だけど私は、それを選ばなかった。

どこかに私は幸せになってはいけないのではないかという思いがあったのかもしれない。
あの、8月の、私の半身が永遠に消えてしまった日からなのか、
あるいはその前からなのか、
いずれにしても、「幸せになってはいけない」ことが自分のアイデンティティだったときがあった。


愛してほしかった。
だけど愛されることが怖かった。
愛されると逃げ出した。
愛することから逃げ出した。


それが変わったのはある愛情深い人に出会ってから。
命がけで私を守った。
その人もまた「愛」を求めてやまない人だったけれど、私と違うところは他人に注げるだけの有り余る愛情を持っていたところ。
おそらく両親から惜しみない愛情を受けてきたのだと思うけれど、
どうしてこんなに他人のために身を削れるのだろうかと、不思議な生き物を見る思いがした。

人がどれほど深い愛情を持っているのかを教わったのは、
肉親ではなく、その人だった。
私はその愛の中で絶対的な存在だった。
だから私も眠っていた愛を解放した。

これが人を愛するということ、愛されるということ。

その記憶は、私の核に刻まれていて、永遠に消えることはないと思う。


私が人生で誇れるのは、人を愛する心があるということ。
だから人を受け入れることができるし、許すこともできる。
性別や年齢や血縁に関係なく、私は「人が好き」だ。


私が好きになる人は心の純度の高い人が多い。
私はその純粋さに触れると、わけもなく感動する。
傷つきたくないために、心を隠す人もいる。
逆に何でも話してくる人もいる。

タテマエやホドホドを知らない。
その純度の高さゆえに、自分と他人の距離がつかめない。
もしかしたら自分自身の心すらコントロールできない。

だから、うまく生きられない。

依存するのは傷を舐め合っているわけじゃない。
ただ「独りになりたくない」「満たされたい」「生きたい」という意思表示。

どうか自分を「駄目な人間だ」と否定しないで、
許してくれる人には甘えてしまえばいい。
甘えて、甘やかして、それが愛する人の生きる力になるのなら、私はそうしたい。


……と、ここまで書いて何が言いたいのかと言いますと、
明日、うちのおかんが現金を送ってきてくれるので、
預金のマイナスが一応プラスになりそうで、あーもう超助かったわーということです。

愛してるよ、ママン黒ハート

posted by まりあ at 03:32| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月25日

かねがね


かねがね思ってきたことなんですが、いやー、金がねえわ。

たぶん今がこれまでの人生でいちばん貧乏なんじゃないかね。
とか言って、今がこれからの人生でいちばん金があるときになったりして。


そんな私ですが、近所のシネコンで映画を2本タダで観られるんで、
近々、アイツを観てこようと思います。

そう、人面魚が奏でるこの夏最高のファンタジアぴかぴか(新しい)



ポニョ



ああ、これを書いた瞬間、あの曲が頭の中を流れ始めた。



ポ〜ニョ ポニョポニョるんるん



せっかくなので 『崖っぷちのポニョ』 にして歌ってみますかね。



ポ〜ニョ ポニョポニョ 金がない

通帳残高マイナスだるんるん


ポ〜ニョ ポニョポニョ 生理こない

疑うのは妊娠より閉経だるんるん


ポ〜ニョ ポニョポニョ 時間ない

明日が締め切り今日徹夜るんるん




すっげえ虚しいわい…orz


そろそろいろいろ考えんといかん時期かもなあ。
本気で。

徳川埋蔵金の行方を手(グー)

posted by まりあ at 01:24| Comment(3) | TrackBack(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月10日

小説書いてんだけどもさ


今、わたくしは小説を書いております。

あいや、難しいやねー。
書きやすいと思ってたんだけど、エロ系ってタイヘンなのねー。

っていうのも今回は、
直接的な表現をなくして、かつエロムードをかもし出すっていう障壁があるんですけど、
こいつを解決するのはなかなかに…至難の業ですわ。

鳴海丈センセイのように

「猛々しく屹立した魔羅を、濡れそぼり紅に染まった噴火口へ隆々と挿し入れ…云々」

と、サクッと描ければラクチンコ(←あら、一文字多かったわ)なんだけどな。

ソフトエロ小説っていちばん書きづらいかもねー。
なんせ今回は、ノーギャグ・大真面目な筆致で書くしなー。


ま、幸いまだ時間があるので、挑戦しますよ。
でもいよいよアカンと思ったら、まったくエロなしのフツーの小説にするか、
逆に振り切ってドエロ小説にするか!


「私ってば今度、エロ系を書いちまいますぜ黒ハート ウフン」

と、あちこち言っちゃったもんだから、

「安倍がどんなエロ小説を描くのか楽しみにしてる」

と、なにげに方々から楽しみにされてしまって、
もう引くに引けないのヨ…ああ、口は災いの元だねぇ。


ってか、なんとなく構想はできたんだけども、
こいつがソフトエロではありますが、人物の関係は完全にSM。
当然、女がSっす。

「女がSってことは、これ、安倍の体験じゃね?」

と思われたらやだなぁー。
妄想ですよ、 モ・ウ・ソ・ウ 揺れるハート



そもそも私、Sじゃないですから! 



……えーっと、たぶんねたらーっ(汗)


さて、トライトラ〜イペン

posted by まりあ at 05:27| Comment(3) | TrackBack(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月05日

物書きの孤独


なんつー、大袈裟なタイトル!

いえね、最近、自分は物書きとして生きていくには心臓が弱すぎるといいますか、
気が小さすぎるように思えてならんのですよ。


ひとの悪意に弱いというか、
防御の方法がわからなくて、攻撃をまともに食らって痛めつけられたり、
なんであの人がそんなとこで嘘つくのかわからなくて混乱したりとか、

自分のなかにも悪意や嘘はあるはず(ってかそれがあるから物書きなのに)だけど、
どうも受け入れられないというか、人間関係の中ですぐには解消しづらい疑問を持ってしまうんだね。

そうなると、ズドンと孤独に陥ったりして・・・フフ


自分、男だったらよかったなぁ。
男だったら「やっべー、鬱っぽくなっちまった、とりあえず金玉いじっとけ!」で、
なんとなく気分が晴れるでしょ? (←ものすごい偏見に満ちた男論)


っつっても、たとえ男であっても、
竹を割ったような性格の物書きに会ったことないですけどね。

要するに物書きの思考回路は、どうしたってたまに鬱モードになるんだな、きっと。

だったらそれとうまくつきあっていくしかないわけだ、ウンウン。

気分が晴れれば、人間関係で(勝手に)つまずくようなこともないのでしょうからね。


仕事しなくちゃ。
三十路独身は、仕事に驀進するしかないんですよ。

どんなものでもいいから、
自信を持って「これをやったよ」って言えるものを残したいですYo手(グー)



――で、ここまで書いて、結局私は何を言いたいかといいますと、
「電撃結婚したいなー」ってことです。


あと半年か…絶望的だな、フッたらーっ(汗)

posted by まりあ at 13:21| Comment(3) | TrackBack(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月31日

アリガトござましたぁ!


タイトルは、イ・ビョンギュ風に読んでください。(←100人中5人ぐらいにしかわかんねーよ)

安倍が第5話からかかわっていた連ドラが、無事にクランクアップ。
先日、打ち上げも終了いたしました。
作品の評価も視聴率も徐々に上向きになっており、
演者さんや制作側の工夫も報われてきているようで、ほんとうにアリガトござます(←だから100人中5人ぐらいしか…)。


私のホンの回は放映終了。
実は書いた本人もOAが初見だったとゆー、胃の痛い状況でした。
オンタイムではまともに画面観られなかったんですが、
二度目にゆっくり観たら「あら、いいじゃん♪」なんて図々しくも思ってしまったわっはー。
それもこれもスタッフの皆さんと、演者さんのおかげです。

打ち上げでは演者さんのひとりとゆっくりお話する機会がありましたが、
あれは安倍の本音ですよ、アリガトござました(←もういい…)。
没個性のようで実は深い内面の人物――いちばん役作りがたいへんなキャラだったと思います。
それをよく咀嚼して演じてくださって、嬉しかったです。

ついでに…画面でも優しい人柄がうかがえる素敵な役者さんですが、
実物はそれ以上に素敵な人だったんでドキドキしてしまいましたYo
イケメンで気さくという強烈コンボは、人として反則だと思います。



イケメンは無愛想、ブサイクは気さく


これだから世の中は成り立つのであって、
気さくなイケメンなんてのが出てきたら、ブサイクはどの土俵で闘えばいいのよ!

と、ブサイクに圧倒的に肩入れする私ですが、
そういえばお会いする演者さんたちは、ことごとく皆さんいい人だなぁ…。

まあ、そういう奇跡的な存在だからこそ、世の中のオモテ舞台に出てるんだよね。そっかそっか。


ちなみに、打ち上げの席では、
私はずっと「誰かがひっかけてきたキャバ嬢」だと思われていました。
とあるスタッフの方に
「お店どちらですか? 今度行きますよ。で、誰にナンパされてきたんですか?」と訊かれたので
「あの…すみません。私、今回の脚本を担当した者でして…」と答えると
「す、すすす、すみ、すみませんッ! てっきりキャバ嬢かと!」と平謝りされましたが、
いいんですよ、女子にとっては脚本家よりキャバ嬢のほうが憧れの職業なんですから。

そんなこんなで、無事に今クールは終了です。
次は秋!…に書けるといいなぁ。


おっと、その前にケータイ小説だ。
そろそろ新作、アップできるようにしますぜい。
posted by まりあ at 12:40| Comment(2) | TrackBack(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月10日

同窓会の案内状


引越ししまくり&不精で誰にも連絡しねー、が続いた結果、
かなりの友人・知人を失ってきた安倍にござります。

しかし、こんな私にも同窓会の案内状キター!
実家にキター!
そりゃそうだ誰にもトキワ荘の住所、言ってなかったーい!


ちなみに大学の同窓会です。
私はワケありで同期入学のクラスメイトより一年遅く卒業したので、
同年度卒の同窓会にも以前ちゃっかり参加して、愛想ふりまいてきたっけな。

しかし今度は気の置けない同期の同窓会!
飲んでやる!(←目的はそれかよ!)


まー、何がいいかってね。
今回の幹事さんは女子3人なんですが、うち2人の苗字が変わってなかったってことやね。

負け犬トーク、めっさ咲かしたろ黒ハート

しかも独身(だよね? 婿もらったわけじゃないよね?)の2人は、
編集者&ライター。


そうなのよー、文章系の職業ってね、婚期遅れるのよー。
なんでかな?

んでもって、我らが専攻同窓生は文章系に携わっている女子が多いため、
何人の負け犬に会えるかと、これがいちばん楽しみでねるんるん

傷を舐めあってくるぜ手(グー)


おっと、いけねえ。
今年の目標は


「電撃結婚」


ここは忘れちゃなんねえぞ、安倍よ。

posted by まりあ at 19:04| Comment(2) | TrackBack(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。