Google

2009年02月25日

あべたん


うっかりしていたらまた来てしまいました@誕生日

各方面からお祝いメール、メッセ、たくさんいただきました。
覚えていてくれる人がいるだけでうれしいです。
友だち、去年より確実に増えてる〜、ルルララ〜るんるん


今日の安倍ですか?
仕事ですよ。
エブリディエブリライフ、ぜ〜んぜん変わりません。

ってかいい案が浮かばなくて、むしろ苦しい一日っすね。
猫をひざに文豪よろしく呻吟中ですよ。

こんなときはかわいい女子の作ったおいしいスイーツをいただきたいものですバースデー


ああ、だからいつまでたってもズーレー疑惑が抜けないんだ!
まあいい!
開き直っていく!

とにかく仕事しないと。おまんま食えねーし。


今年の目標は「泥酔を(なるべく)控えること」に決定手(グー)

仕事関係ないし、
目標すっげーちっちゃいし。


こんなわたくしですが、これからもよろしくお願いします。

posted by まりあ at 18:27| 東京 🌁| Comment(5) | ある日の安倍記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月10日

ホンができました


あんなホンだったり、こんな本だったり。
本日うけとりました。

とりあえず、形にするために取り組んでいたものについては、
これですべて一応、完成。


なんという脱力感…
このまま抜け殻になってしまいそうだ。
とはいえまた新しい仕事が後ろに詰まっていたりするんですが。

勢いが大事な仕事なので、テンションがあがらないと困るわけです。
今、私の周りの人間たちは皆テンションが高くて、やる気に満ち満ちていて、
輝いているのが、なんとも羨ましいやい。


おい! 
すっげー陰気だな、どうした、安倍よ!


いえね、今日健康診断の結果がでたんですが、思いっきり「絶対に再検査しろ」!
今年はわりと不幸が続いているもので、この結果にはさすがの金玉大王の私もオチましたよ。
あ、金玉かんけーないか。

ちなみに貧血です。
オラの血ってば、一般女子に必要な鉄分の最低値の半分以下というとんでもない数値でして。
どうしたら血って増えるんだろう…。
時間が過ぎるたびに血が薄くなっていくのがコワイです。


と、絶不調の安倍に対し、
「映画時代」の出足は好調のようで、こちらは嬉しい限りです。
貧血でフラフラしながらラピュタ阿佐ヶ谷に行くかな。


そんな私ですが、若干テンションがあがることもなかったわけではなく。

今日から某デパートにて、読売残念バーゲンがあったんです。
近くに行く用事があったもので、寄ってきました。
お目当ては地下リカーショップで売っているスパークリングワインのハッピーバッグ(限定200本)バー
1850円なんですが、最低2500円のスパークリングが入っていて、
10本に1本はシャンパーニュ(最高ロゼドンペリ)が入っているという
玉袋福袋&酒好きにはたまんねーシロモノ。

袋の上からガン見していると、高橋由伸似のイケメン店員さんが、
「どうぞ。さわっても持ち上げてもいいですよ」
とおっしゃるではありませんか!

「重いの、選んでくださいね」
と言ってくれるものの、持ってみても全然わかんねーあせあせ(飛び散る汗)

逆に半泣きになってる私に同情したらしく、イケメン高橋店員は
「これ、重いと思いますけど、どうでしょう?」
と、選んでくれたではありませんかぴかぴか(新しい)

「あ、じゃあこれでいいです」
と買い、帰って開けてみたら、わーお見事シャンパーニュをゲットぉ〜手(グー)
8000円ぐらいのかな。ウッヒョーるんるん
ありがとう、高橋店員ぴかぴか(新しい)


アンチ巨人の私ですが、
高橋と上原と矢野と谷と越智(結構多いな)だけは嫌いになれない…
今日、ますます高橋のポイントが勝手にあがりました。
来季はスペらずにがんばれ、パンダ!


フー、陽も落ちたことだし、もうこれ今から飲んじゃおうかなぁ。
今日はトキワ荘には誰もいないので、ひとりで一本丸呑み揺れるハート

よし、その後はテンションあげて仕事でいッひらめき
posted by まりあ at 18:41| 東京 ☁| Comment(5) | ある日の安倍記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月23日

はなからぼたもち


参った…。

請けている仕事が自分のキャパを超えているのをムリクリごまかして、
なんとか少しずつ片付けていったわけですが、
完全に済んだと思っていた事案がまた戻ってきたり、
認識にズレがあることが発覚してほぼ終わっていたものが最初からやり直しになったり、ラジバンダリ…

いよいよ軽くキャパ超えしたもので、
昨夜は軽くパニックになったりして。
関係者のみなさま、すみませんdeathたあせあせ(飛び散る汗)


いや、だけどそれは最初に言おうよ、とか
ちょっと待って、そんなことしたらイチからやり直しじゃん、とか、
そもそもそれ、発注の仕方が違うよね、とか、
これらに費やしてきた俺の時間はなんだったんだ、とか
言いたいことが頭を駆け巡って噴火寸前にむかっ(怒り)

ある人とのやりとりで軽くパニクった結果、鼻からぼたぼたと血が…。

興奮して鼻血出すなんてどこの小学生よあせあせ(飛び散る汗)


重なるときは重なるもんです。
不貞寝したら落ち着きました。

こなしますよ、こなしていきますともよ。
posted by まりあ at 15:55| 東京 ☀| Comment(2) | ある日の安倍記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月17日

おめでとうの日


昨日はどれだけ「おめでとう」という言葉を言ったかなぁ。


晴れ結婚を決めた素敵なカップルのところへお邪魔して「おめでとう」

とってもいい空気を感じさせてくれて、心の底から「いいなぁ」と思えるカップルでした。
あまりにも楽しい時間を過ごさせてもらったし、幸せそうだったから、
私も結婚したくなりましたYo!
あんな二人にいつかなりたいわー。


晴れ長年のつきあいの末、入籍をした友人カップルに「おめでとう」

美男美女で文句のつけようがない、いい夫婦。
二人の歴史やお互いのことをとっても大事にしているのを知っていただけに、うれしかったです。
あんな二人にいつかなりたいわー。


晴れかれこれ10年近くのつきあいである、大切な友人の誕生日に「おめでとう」

私の人生の節目になるような出来事があると、さりげなくお祝いしてくれる、いいヤツ。
私もこういう気配りができる人間になりたい。
なかなか会う時間がとれないけれど、ずっとつきあっていける大事な人です。
誕生日、おめでとう。
今度、ちゃんとごはん行こうZe!


晴れそれ以上に長いつきあいである友人が、
やりたかったことを実現できるパスポートを手に入れたことがわかり「おめでとう」


コイツの生き方は私の人生にどれほど大きな影響を与えてきたことでしょう。
まだまだ苦労は続くと思うけれど、持ち前の楽天的なネガティブさで、
今回のことをカテにしておくれ。
オマエ、金はないけど才能はあるんだからさ。
なんかわからんが、大丈夫だ! ダメかもしれんけど、ま、いいじゃん。
もともと出発点からしてダメなんだし。(←楽天的なネガティブ)
とにかくおめでとう。また来月も言うけどな。


「おめでとう」という言葉は、言う側をも幸せにしますね。
締め切りが近いことをすっかり忘れてしまいました、テヘッ(←コラッ!)。

だけど力をもらったので、今、がんばって仕事してますよ。
せっかくいい一日を過ごしても書き留めておかないと、
蝶のように飛んでいってしまいそうだから…。
だから気分転換を兼ねての雑記でござります。


昨日はこちらが言う側の「おめでとうの日」でしたが、
今度は私のほうが「おめでとう」と言ってもらえることがあった日に、
同じタイトルでエントリを書こうと思いますYo!


私の大切な人たちに――おめでとう。
posted by まりあ at 04:55| 東京 ☀| Comment(1) | ある日の安倍記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月03日

ふつうのざっき


これから某所で打ち合わせです。
しかしなぜ私がブログを更新しているか、といえば――

正気を取り戻すためです。

いや、正気っつーかね、今、熱が出てましてね、
これがどうもちょっと半端ねぇ高さのような感じなので、ここはガツンと気合入れないと
打ち合わせでうわごと言っちゃいそうなものですからね。
「大丈夫! イケる!」と自己暗示をかけるため、
あえて鍵つき日記(←そんなんつけてんのか! 乙女め!)ではなく、
観音開き状態ブログのほうに、雑記をしたためます。


今日の打ち合わせは子ども向け番組のものです。
まだ一稿なのでこれからガンガン直し入れて、月末から撮影になると思います。

んでもって、朝、いっこ別件バウワーで殺人ストーリーを出しました。
打ち合わせから帰ってきたら、また別件ホン直しをして、これまた別件の小説読み込みをします。
時間と気力があれば、別件殺人ストーリーをもう一本。

その前に体力が尽きそうだ…
いや、もともとは頑丈な生き物の安倍です。
帰りに解熱剤打って、1時間も寝ればスッカリ元の木阿弥観阿弥世阿弥ですともよ。

ああ、もう意味がわからない・・・。


とにかく帰ってきたら仕事用小説を読みます。というか読みたいのです。
めっさ長編ですけどね、どんだけ時間かかるんだろう。
がしかし、仕事とはいえ、
いちばん最初の読者(正確にいえば3番目ぐらいですけど)として
人気作家の刊行前の小説を読めるのは嬉しいものです。
まさにこの仕事のDAIGOみでうぃっしゅ。

とか言って、昨日先方に「どこまで読みました?」と訊かれたんで、
「タイトルしか見てません」
と正直に言うのが憚られ、勝手にタイトルから話を捏造し、
「いやー、魔法使いに会うとこまでですね」
と答えた私。
先方の反応は「あ、そうですか…」と実に微妙でした。
数ページ読んで、
ファンタジーではなくリアリズム小説だったと判明したとき、
本気で自殺を考えましたね。
その衝撃で熱が出たのかもしれません。


おっと、そろそろ打ち合わせの準備をせねば。
がんばって生きていきますYo手(グー)

posted by まりあ at 13:19| Comment(2) | ある日の安倍記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月28日

ビックリして目を覚まそう


明日は子ども向けDVDの打ち合わせです。
構成案、まだ作ってないや。ヤバ。

さっきまで事件もののストーリーを作っていたので、切り替えが大変です。
さ、今日は寝ないで仕事しなくては。


しかし眠い、眠すぎる。
そっかぁー、そういえば昨日もマトモに寝てないやぁー。

というわけで、目が覚めるようなこと、考えるとしますかのぅ〜。


最近のビックリしたこと。


初対面の人にいきなり

「はじめまして。昨日からご主人様に肛門調教を受けていますM女の○×です」

と自己紹介されたこと。

私は耐性ある人間だけど、さすがにちょっとビックリしたあせあせ(飛び散る汗)
そういうプレイなのかな?
とりあえず笑顔がとろけそうにいい感じでした。
満たされているのでしょうね。ご主人様が羨ましくなりました。


あと、お友だちに教えてもらった、北京オリンピック閉会式での着ぐるみ。


北京五輪.jpg


ギャーーー!
目っ、目ぇーーっっ!!!
でとるがなーーーーーーー!!!!

わりと眼光するどいお兄さんが中に入っているんですね。

国民的どころか世界的行事で登場する着ぐるみがこの状態って、
中国のダイナミックさはハンパねえな。


そんなもんかしら。
あとは強盗に間違えられて、連行されたぐらいかしらね。

平々凡々な人生なもので、目が覚める出来事ってのもあまりないのですよね。


さ、肛門調教のことは忘れて、
朝までに子ども向けのキュートなお話、考えなくっちゃるんるん

posted by まりあ at 01:02| Comment(0) | TrackBack(0) | ある日の安倍記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月04日

おかしいな


明日は朝から出社だというのに、なんとなく目が覚めてしまいました。
というわけで、ちょっと更新しとくか。


最近思うところあって、タンスの整理をしていたんですが、
私、ふと気づいたんですよ。

「あれ? なんか下着の数、減ってね?」

私は貧乏性なもので、下着をなかなか捨てられません。
というわけで、かなりたまっているはずなのですが、
なにげに下着を入れていた引き出しがスカスカ。


おかしいなー、どっかに落としてんのかなー、と思いつつ共同キッチンへ行くと、
私以上に金がないトキワ荘住人が、なぜかうまそうにアイスを食っていました。


「安倍ちゃんも食べる?」

「いや、こんな夜中に食ったら太るし」

「フーン、じゃあとで食べていいよ」
(←上機嫌)


冷凍庫を見ました。
ハー○ンダッツ、結構いいお値段のアイスではありませんか。


…ん?

このアイス買った金、どっからきたんだ?




というわけでコイツをつかまえて、胸倉をつかみ、

「おまえ、俺の下着、売ってないよな?」

と追及すると、

「そ、そそそそ、そそ、そんなはずは、な、なな、ないっ!!!」

という、たいへん爽やかな反応がありました。


真相は藪の中ですが、
次は他人の下着を売っていた人間が殺されるというストーリーのドラマを書こうと心に決めました。

ものすッごい凄惨な殺され方にしてやるからな!
posted by まりあ at 04:51| Comment(2) | TrackBack(0) | ある日の安倍記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月17日

新幹線の隣の人、ちらみ観察日記


週末、新幹線に乗りました。
行った先ではたいした話もないので、行きと帰りの記録を。


まず行きの新幹線。
なんとなくケチって自由席に乗ると、

「お隣、いいですかぁ〜ン揺れるハート

という、ものっそおネエな声が…。

「ええ、どうぞ」と顔を見てギョッがく〜(落胆した顔)


すっげーガチムチ兄貴!

でもね、態度や声はおネエなんです。
つい気になって彼(彼女)の打ってるメール覗き見したら

「やっだぁ〜〜〜exclamation&question もおっむかっ(怒り)、プンプンっちっ(怒った顔)パンチ

↑実物はこんなもんじゃない絵文字たくさん、のすごいものでした。


ああ、IKKOさんみたいな感じかも。
あれを見た目ガチムチで兄貴系にして。


しばらく経って、ガチムチIKKOさんは口を全開にして寝始めました。
うわっ…クチくっさ〜ふらふら


席、移りたいなーとキョロキョロ物色するも、満席!
しかも斜め前は宅八郎そっくりのヲタク親父。
ときどきカシャッて音がするんです。
そう、車掌さんや売り子さんがくるたびに写メphone to撮ってんのあせあせ(飛び散る汗)


自由席でこんなに不自由な思いをするとわ…と思いつつ、
とにかく窓の外の景色をガン見して乗り切りました。

ちなみに安倍は学校マニアなのですが、新幹線線路沿いの学校っていいんだよねぇ。
こう「学校!」って感じが…。

んーと、まず誰にも理解されないんですけど「学校マニア」ってのは、
とにかく学校独特の建物が好きってことです。
あの作り…ベランダがなくてコの字型で壁に時計あって廊下が長くて――
ああ、学校黒ハート(←うっとり萌え死んだ)


と、なんとかごまかしているうちに、ようやく目的地へ。


んでもって、某地いい気分(温泉)にお泊り。
飲みまくりんぐ。うまうまビール


帰りは翌日の夕方。

巻き寿司とビール3缶(安倍の新幹線の定番メニュー・通称「オッサンセット」)を買って、新幹線に乗りました。

今回は熟年夫婦がお隣でした。
そういやー、隣のご主人もオッサンセットだったな。

座ってすぐにビールを1缶飲み干して、名古屋から巻き寿司を登場させて2缶目。
飲んで食べたらすぐに睡魔に襲われ、3缶目の途中で眠りこけました。
夜は学校も見えないから、寝るに限るのだ。


気づけば新横浜。
振り向けば横浜(←うそ)。


東京に着く前に、3缶目を飲み干して新幹線のお楽しみは終了。

東京に下りると、外国人に「トウキョウはドコですか?」と話しかけられ、
「ここですけど」と答えると、「トウキョウですよ?」と逆ギレされ、
なんだかなーと思いつつ「ここです!」とキッパリ答えました。

よく聞いたら「トウキュウ」っつってたあせあせ(飛び散る汗)
東京に東急は通っていない!
品川で降りるべきだったな。

と、ようやく分かったものの、後の祭りだアラエッサッサーるんるん


そんなこんなの週末でした。
リフレッシュできました。


しかしガチムチIKKOさんはどこへ何しに行こうとしてたんだろ。
ちなみに京都で降りてましたわ。
posted by まりあ at 06:07| Comment(4) | TrackBack(0) | ある日の安倍記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月10日

締め切りヤッホー


ああ、昨日テレビでみた「ヌーブラ、やっほー」が忘れられねぇ…。
ウッカリやっちまいそーな予感。

ウッカリといえば、なんだかウッカリ締め切りラッシュに巻き込まれ、
もう孤独だのなんだのほざいていられなくなりました。


しかも結構ヘビーな案件の締め切り!
時間は48時間!

寝てたら間に合わない勢いっす!
がんばらねばッ手(グー)



son.JPG



やーめーてーあせあせ(飛び散る汗)


実はかなり厳しい感じ。
でも、なんとかするのがオトコってもんです!


あ、まだオンナだったわ。
いやもう、締め切りさえ間に合うならどっちでもいい。


とにかく、今が少年の濡れ場!
じゃなかった、今が正念場!

posted by まりあ at 15:12| Comment(3) | TrackBack(0) | ある日の安倍記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月06日

イノキの選択


命の洗濯の間違いやって。

安倍は戻ってきましたよ、関西から。


しかしいい休日でしたわ。

これから一生つきあっていけそうなダチとガッツリ友情結んでリボンきたしナー。


そのダチがピュアでいいヤツだもんだから、安倍は感化されました。

なんつーの?
これからはワタクシ、自分に正直に生きようと思います。

というわけで衝撃発言をしますと、
今現在、安倍にはつきあっている人がおります。
電撃結婚もぶっちゃけ間近です。


ハイ、きたー。
嘘、きたー。
しかも、超しょうもねー。
チンカスなみにしょーもねー。


なんでこんなこと言うかというと、眠くてしゃーないのよ。
締め切り、明日なのよ。
でもまだネタでないのよ。
嘘でもつかんとやってらんねーのよ。

頭、働かせないとね。


そろそろケータイ小説のほうも新作書かないとな。
東映MOBILEの一周年記念ページ、アクセスしていただけましたでしょうか?

ワタクシもお三方にまじってさりげなくアンケートに答えていたりして。


そんなこんなで仕事に戻るぜい。
posted by まりあ at 03:24| Comment(2) | TrackBack(0) | ある日の安倍記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月04日

料理をしよう!


いつかどこかで話しましたが、安倍は調理師免許保持者です。

がしかし、社会人になってからというもの、とんと料理らしい料理をしておりません。

この前なんかとうとうタマゴ割るのも失敗したしな…。
料理人としては終わっとるわ。


しかし2008年の目標を 「電撃結婚」 に定めた今、
これじゃいかんなと一念勃起、おっと間違い、一念発起しました手(グー)



料理、やるよぴかぴか(新しい)


やってやんよ
(`・ω・´) シャキーン! 




昨日締め切りのお仕事も無事に提出できたことですし、
早速、今日からはじめてみます(・∀・)


と、思ったはいいけれど、
いざとなると何をメニューにしたらいいかわからない。

そんなとき、ふと思い出したのは「サラダ記念日」って言葉。
そうか!
(ちょい違うけど、ま、ええわ)日付で決めよう、今日のメニュー!

今日は3月4日ね、わかったわ黒ハート


というわけで安倍の一念発起のディナーメニュー。




さしみ




並べるだけやん…orzあせあせ(飛び散る汗)


そういえば、かつて私、
刺身パックにタンポポを飾るバイトに応募したことがあります。

書類で落ちました。


今回の「復活! 料理人宣言」も、入り口から失敗しとるような気が。


そんな一日。
明日もお仕事の打ち合わせです。
posted by まりあ at 18:55| Comment(2) | TrackBack(0) | ある日の安倍記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月29日

うるうる年


とある仕事を請け負い、「締め切り3月3日か、フフ、よゆーだぜ…」と思っていたら、
2月ってーのは期間が短いんだってことに気づいて愕然!

がしかし、今年はうるう年ってことで「一日もうかった黒ハート」と喜んだ安倍です。


そんなことを思った記念に、更新!


ちなみに3日締め切りの仕事はまだ一文字も書けていません。

泣けるぜあせあせ(飛び散る汗)


あったかくてお天気もいい、こんな日はデートなどしたいものです。
時間も相手もナイわけですが・・・

泣けるぜあせあせ(飛び散る汗)


ってなわけで2008年うるうるデーは、ゆるゆると過ぎていくのでした。
posted by まりあ at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | ある日の安倍記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月03日

エイプリルフール

2日ほど前、になりますか。
ええ、世間ではエイプリルフールってものがありましたね。

私・安倍、いい加減な人間ではありますが、ばあちゃんの恐ろしい教え

「嘘つくとエンマ大王に、口内炎に塩ぬりこまれんで」 (←地味だな)

を本気で信じていたため、基本的に正直者です。


いやまあ、嘘、つきますけどね。
そりゃもう、いけしゃーしゃーと。
害のない嘘は、日常生活の潤いですから、いいんですよ。


と、それはおいといて。
4月1日、エイプリルフールは、世間様でも、真昼間にフルチンで歩くぐらいの堂々手(グー)っぷりで、
「嘘をついても良い、いやむしろ積極的に嘘をつけ」
という日です。
こんなオイシイ日に、典型的B型、おちゃらけの権化・安倍が嘘をつかないはずがありません。

これまでにも何度、エイプリルフールを見計らって、
「彼氏ができました」「結婚します」
とオオボラを吹いてきたことでしょう。
ウッカリ、エイプリルフールだということを忘れて、平常時にもこのテのホラを吹いたことも数知れず…。
おかげで、もう誰にも信じてもらえなくなっています。


そんな私の、今年のエイプリルフール。
24時間、何をしたか、どんな嘘をついたか、発表したいと思います。




独りでした。




あら、5文字で語りつくせちゃったわ。
三十路の独身女子が、これじゃいけませんね。
もう少し、延ばしてみましょう。




ひとりでした。




あら、平仮名にしたところで、6文字で終わってしまいましたね。



というわけで、誰とも口を利かなかったものですから、
今年のエイプリルフールは、 岩に染み入る蝉の声 (←ちょっと風雅な書体にしてみた。クスッ)ぐらいの静けさが強調されました。


それを今日、知人に話したところ、

「もうさ、ホラはいいから。面白いけどさ」

と、軽く笑われました。


ホラじゃねーよむかっ(怒り)

こんな寂しいホラ吹くか、ヴォケむかっ(怒り)




フフ、いっそ私以外の人類が全員、水虫になればいいのに。
早く幸せ、こ〜い、こいるんるん






posted by まりあ at 07:22| Comment(7) | TrackBack(0) | ある日の安倍記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月11日

尻刑事の趣味

ここのブログでも何回か触れていますが、私は俗に言う 「尻刑事」 です。

いや、たぶんこんな言葉、俗には使われとらんわな。
一回、面白半分に某巨大掲示板に書き込んだら、一部の間で使われたことはあったけれども、すぐに引いていったしナー。

要するにケツがデカいっつーことですわ。
私は身長165cmの体重50sちょうどなので、トータル的にはそれほどデブというわけではないはずなのですが、ケツに関しては見事にLサイズです。
というわけで、昨今の小尻女子に寸法を合わせた可愛いカブリパンツなどは、気持ちよくサイズが合いません。


ケツの脂肪がどこかで燃焼しているゆえでしょうか。
人並みはずれて外気の暑さに弱い私は、夏はもっぱら室内ではショートパンツをはいています。
最近のお気に入りは、ユニクロで780円で買ったショートパンツというよりホットパンツとでもいったほうがいいような短いパンツ。
あー、あれか、女子が水着の上にはいているような感じの超短いズボンっていえばわかりやすいかな。
しかもコイツ、横じまなものですから、余計にケツのデカさを強調しちゃうのです。傍からみると、これ、相当オモロいと思う。

で、上は何を着ているかといいますと、暑がりの必需品ともいえるキャミソールです。
とはいえ、胸板の厚い私が着ると、華奢なキャミソールがなぜか 坂本一生 、いや、 山下清 ばりのタンクトップにみえるから、あ〜ら不思議。


胸板が厚く+ケツがデカくて得したことといえば、ウエストが実寸法より細く見える(あくまでも錯覚で)、ということでしょうか。
それ以外は、ジーパンは合うサイズがないし、タイトスカートは絶対に直しが必要でその分金かかるし、洋服屋の店員には「案外…大きくていらっしゃるんですね」とビックリされるし、で、ロクなことはないです。


そんな尻刑事の私の最近の楽しみはW杯でございました。
ああ、でも終わってしまいましたね。

私の収穫はイングランド代表のルーニーです。
愛らしい。あの悪魔の赤ちゃん顔がたまらなく愛らしい。
ですが、いちばんはまったのは同じイングランド代表の彼↓です。


http://www.trashhero.ch/petercrouch.php


このページは友人が紹介してくれましたが、仕事につまると彼の姿を見て癒されています。



ところで、決勝戦の前に最近の安倍のお気に入りのシャキーラが登場し、「Hips don't lie」を歌って踊っていましたが、皆様はご覧になりましたか?

実は安倍、こう見えてダンスが得意なのです。
クラブではクリストファー・ウォーケンばりの素晴らしいダンスを披露し、お立ち台を席捲したという伝説もあります(←なんかすべてにおいてあやしい…)。


最近の私の趣味は、このシャキーラ嬢のケツ振りダンス。
これほど私の尻刑事っぷりを活かせるダンスがあっただろうか、いやない!

ご存知ない方はこのPVをどうぞ。


http://www.youtube.com/watch?v=J3U1ZfuYGPY&search=Shakira%20




今日も調子こいてバルコニーで「シャキ〜〜ラ、シャキ〜ラ♪」と歌いつつ、激しくダンスってたところ、建物の中にいたトキワ荘の住人とバチッと目が合いました。

ええ、さすがに踊りには自信がある私としても、恥ずかしいものです。
ほら、まだプロとしてほどのケツの振りっぷりには至っていないわけですし…。
住人は血相を変えて、ダダダダッと走ってきます。
どうやら私のダンスの素晴らしさに心打たれたようです。

そんな住人に対し、踊りを見せないのは失礼でありましょう。私はそのままシャキーラ嬢になりきってダンスを続けました。


住人はガラッどんっ(衝撃)と窓を開け、こう叫びました。



「安倍ちゃん! 大丈夫? トイレ、いま空いたから!」




…orzあせあせ(飛び散る汗)




んとねー、オシッコ我慢しているようにしか見えなかったんですって。

これからは陰でこそっと踊りますわ。

シャキ〜〜ラ、シャキ〜ラ♪ ←声、ちっちゃい




posted by まりあ at 02:05| Comment(8) | TrackBack(0) | ある日の安倍記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月07日

ドリフ5分の2

普段は特注コンタクト(アジア人にはありえない瞳孔のため)を愛用している安倍ではありますが、ひとたびメガネをかけますと、その姿はドリフの加藤茶(コント仕様)ソックリです。それは昨日のエントリにも書きましたが、世間様に公開した暁には「カトちゃんの妹さんでしょうか」と言われること必至です。

ええ、それぐらい私とカトちゃんは切っても切り離せないものなのです!

ついでに言えば、安倍のくしゃみは見事に「ヒックショイ!」と発声しますため、幼少の頃からくしゃみをするたびに「カトちゃんやん」と失笑を買っておりました。


それはさておき、本日未明−−
ちょっといいことがあったもので、仕事そっちのけで酒をあおるぞと決めた私は、ありあわせの材料で肴を用意し、発泡酒を1缶、2缶…と調子よく空けていきました。



(゜Д゜;)ガッどんっ(衝撃)!!!



タラコスパを食べていたとき、私はタラコスパといっしょに自らのタラコ唇まてガッツリと噛んでしまいました。




うっ、うおぉぉおおおーー

い、いい、痛ってぇええーーーーあせあせ(飛び散る汗)




悶絶する痛みではありますが、タラコ唇の宿命とでもいうべきでしょうか。唇を噛むことには慣れておりますため、さほどの動揺はありません。
「あーあ、口内炎になるなぁー」
と思いつつ、ティッシュで流血を拭い、何事もなかったかのように、アルコールで消毒じゃとばかりに発泡酒をあおったのでした。

続きまして、私の大好きなチーカマを剥きました。
ええ、私、晩酌のお供にチーカマがあれば他には何もいらないというほどの無類のチーカマーなのです黒ハート

「くぉー、うんめぇーー揺れるハート
フゴフゴと口に含みつつ、極上の幸せを噛み締めておりましたところ、




Σ(||゜Д゜) ウガッどんっ(衝撃)!!!!




幸せって血の味なのですね、と認識するまで約3秒。
私は再び、今度はめいっぱい唇を噛んでしまったわけです。

しかも、さっき噛んで少し腫れていたところをまた噛んじまったもので、さらに腫れ、口を開くのがしんどくなったほど…(ノД`)

「こ、これはもしかして朝起きたら過去最高のスーパータラコ下唇になるんじゃがく〜(落胆した顔)

私は慌てて口内炎の塗り薬をつけ、仕上げにチョコラBBも飲みました。
すぐに歯を丁寧に磨き、さらにまた薬を塗布。

「フー、これだけやったらそんなに腫れることもなかろう」

自らの適切な処置に大満足したまま、私は眠りにつきました。


さて、そんなこんなで今朝。
起きて鏡を見、私はたいそう驚きました。



私の顔の上半分には加藤茶
下半分にはいかりや長介がいたからです。




そうです、今、私の顔の中にはドリフターズ5人(荒井注は除く)のうちの2人がいるというわけです!!

「加藤、オイッスー!」
「ちょっとだけよ〜ん」


と、一人二役コントもバッチリです手(グー)!!




…全然うれしくねーよたらーっ(汗)


posted by まりあ at 14:29| Comment(5) | TrackBack(1) | ある日の安倍記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月01日

記憶に残る一日

皆さま、今日という日を、いかがお過ごしでしたでしょうか。

本日5/1は安倍にとって素晴らしい日となりました。
至福、まさにこのひとことが相応しいものでございました。
いやもっとすごいな。いわば 「究極の至福タイムぴかぴか(新しい)私はそれを堪能いたしました。


なにが至福かって、あーた、今日日中の東京のお天気はどうだったよ?!

からりと晴れ渡った空、春の澄んだ空気、あたたかな気候、そよそよとそよぐ風……

まさに



絶好の昼寝日和ぴかぴか(新しい)



ではありませんか!!


本日の午前中、私は太陽に近いバルコニーで、上下ともにふとんを干しました。
そして午後、お日さまの匂いをいっぱいに含んだふとんに包まり、親鳥に抱かれる卵のように安らいだ気持ちになって、午睡をいたしました。



これまで生きてきたなかで、これほど気持ちの良い昼寝タイムがあったでしょうか、いや、ない!! (←受験生のみなさーん、これが正しい反語の使い方ですよー)



そりゃー、こんだけ素晴らしい時間であれば、人間だもの、五時間ぐらい堪能したいですわ。


というわけで、めいっぱい寝過ごしてしまったために、明日の朝締め切りの原稿が今ヤバい状態にある私なのでした。
本日は徹夜でございます。




posted by まりあ at 19:32| Comment(4) | TrackBack(0) | ある日の安倍記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月05日

救急車に乗ったぞ!

もともと大らかな田舎育ちである私は人混みが苦手です。

ですが悲しいかな、人混みが苦手という以上に吝嗇家ふくろであることが勝る性質のため、混雑の代名詞でもあるバーゲン(だって半額ぴかぴか(新しい)! ラリホー♪)には出向かずにはいられません。
というわけで、週末、行ってまいりました。大都会・銀座へ手(グー)


会場はまさに戦争雷でした。
前日、『宇宙戦争』を観た私ですが、バーゲン会場のパニック状態はあんなもんじゃございません。
現実のほうが怖いわーもうやだ〜(悲しい顔)
髪は引っ張られるわ、自分の持ち物のバッグも奪われそうになるわ、持っていた服は知らないうちに減っているわ……かなり疲弊しましたが、なんとかめぼしいものをゲットし、そのまま会場をあとにしたのでした。


ところがその3分後――
「ん? なんか世界が黄色いんですが??」
そう思ったと同時に、猛烈なめまいが襲ってきまして、その場で私はぶっ倒れておりました。

「お嬢さん、大丈夫ですか?」
親切な紳士が声をかけてくださいますが、意識はモーローとしたままです。
「買ったものは無事…無事すか? バ、バーゲン品は返品できねーんで…」
という私のうわごとに、
「ええ、大丈夫ですよー。ちゃんとありますからね」
と、紳士は答えてくれています。

「救急車、呼びましょうか?」
親切な通行人の方が、私にペットボトルの水を渡しつつ、紳士に言いました。
紳士も「そうですね、そのほうが…」と答えていますが、私はグッと腕を伸ばして、左右に振って手(パー)言いました。


「いっ、いえっ、救急車はいいです…ハァハァ」←やはりしんどい
「えっ、どうしてですか?」
「救急車に乗る、お、お金がないのでっ…ハァハァ」
←どうしようもなくしんどい
「お嬢さん、救急車に乗るのはタダですよ? タダで病院まで連れて行ってくれるんですよ?」
「お願いします黒ハート
←きっぱり


そんなこんなで、救急車に乗ってまいりました。
初乗車? いやいや、違いますよ。たぶん10回めぐらいではないかと…。

なんせ、この不況です。
いつ行政の方針が変更になって救急車に乗るのに料金が発生することになったとも限らないので、乗車前はなにがあっても絶対に確認をとることにしているのです。


救急車が金をとるようになったら? 



断固乗車拒否!


電車か、バス、あるいはヒッチハイクで病院病院まで行くともよ。


フッ、ダテに吝嗇課長と呼ばれていませんよ〜。



さて、診断結果のほうは貧血と生理痛(この日、知らない間に生理になっとった。一応、女子なのでね)というショボいものでしたので、安心して帰宅した私でございました。
そんなもので救急車の世話になるな!という声もあがりそうですが、いやー、俺の生理痛って、マジでつらいんだってばよたらーっ(汗)。まさに七転八倒するし。


ちなみにうちの姉、アグネスも生理痛の激しい人間です。
今回の件をメールしたところ、本日になってこのようなレスが返ってきました。


「やあ、救急車の乗りごこちは最高でしたか? 最高でーす。(←註・最近ひとりノリツッコミを覚えたらしい姉・アグネス)

生理痛はほんとうに厳しいものです。
姉は、出産の痛みは生理痛の時の10倍の痛みだときいていたのですが
『まだ2倍だからこんなもんじゃない
、、、((数分後))、、、
まだまだ3倍ってところだろう』
と思っているうちに、なんと、生んでしまいました。
二人もです
(←註・アグネスは2児の母)
生理痛はそれぐらいあなどれないものである、ということでしょう。

最高でーす。
(←註・明らかにノリツッコミどころを間違えている姉・アグネス)


ちなみに子どもを産むと生理痛が軽くなるというのは嘘ですので
ご安心ください。


姉より。」





……たらーっ(汗)




(被っていた帽子をバシッと地面に叩きつけ) ←ダチョウ倶楽部の竜ちゃん風に


ご安心できるかぁーーッッむかっ(怒り)!!




そんな安倍はこれから取材で、かつて女王として君臨した街・歌舞伎町へ行って参ります。
うー、まだめまいでフラフラする。
血が足りねーっす。最高でーす。(←フラフラのあまり、空気の読めない姉・アグネスが憑依したらしい)





posted by まりあ at 19:01| Comment(7) | TrackBack(0) | ある日の安倍記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月11日

ラード君にメールしてみたぞ!

妹とデブを結婚させることに夢中の姉・アグネスが、どこぞのデブのホームページに

「激しいデブ求む手(グー)!」

と広告を打ったがために、本気のデブ・ ラード君 が私にコンタクトをとってきたことは、先日、ここにも書いたと思います。


シカトしているのも申し訳ないなという気持ちと、MJタンやニラの恋の花に触発されたこととが重なり、なんとなくメールをしてみようと思うようになってきました。

そこで、本日悩みながらもメールをしましたところ、ラード君より即レスがありました。
それに返信をすると、すぐまた即レス。
ちなみにラード君の文面はこんな感じです。


「マニ子さん(アグネスが勝手に登録した安倍のハンドルネーム)、こんにちは。
レス、ありがとうございます。

ところで、マニ子さんはどのような顔をしているのでしょうか。
よろしければ画像をください。


ラード君より(^^)」




私は写真写りがむちゃくちゃ悪いので(と、自分で言う人間に本当に写りが悪いヤツはいないのですが、そう思っていても…夢を見てもいいじゃないですか…あせあせ(飛び散る汗))、写真を撮ること自体が大嫌いなのです。
なので、ほとんど自分の画像というものがありません。
あったとしてもすべて変顔。ブタ鼻とか、大口開けているとか、ね。

「最初にこれを見せたらショック死するだろうなー、今から撮るのもめんどくさいし、だいたいデジカメないしなー…」
と躊躇していましたときに、ふと

「あ! そういえばアグネスがオーストラリアに行ったときの画像があったな!」

と思い出しました。

「アグネスの画像をラード君が気に入ったら、アグネスを紹介しときゃいいだろ。今日も旦那と離婚したいとヘンなメールを送ってきていたしるんるん

と、勝手にアグネスの画像を渡す罪悪感を消しつつ、コアラを抱いてニッコリ笑っているアグネス画像(アグネスも写真写りはよろしくありません)を添付して送ってみました。


すると、これまで即レスだったラード君が、しばらくノーリアクション。
陽が落ちた頃に、ようやくメールが届いたのでした。



「マニ子さん、こんばんは。
画像、ありがとうございました。

SPEEDのタカコに似ているんですね。
僕はヒトエちゃんがいちばん好きなので、
理想とは違うのですが、贅沢は言えませんよね。

ところで、先のメールで僕のことを

『朝潮似といわれるラード君さま』

とマニ子さんは書いていましたが、

僕が似ていると言われるのは
朝潮 ではなく 『琴風』 ですから!
お間違えのなきよう。

失礼!


ラード君よりむかっ(怒り)




ラード君、なんかすっげー怒っているようです。
朝潮と琴風って、そんなに違うのかなぁ?? ようわからん。

アグネスには申し訳ないですが、この恋の成就はない…かな。




posted by まりあ at 23:54| Comment(12) | TrackBack(0) | ある日の安倍記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月01日

金が信念!

2005年がキター!!

もとい、謹賀新年!
今年もよろしくお願いいたします。


大晦日のガラディナーはリーガロイヤルホテルのフレンチレストラン『ガーデン』にて、コースをいただきました。
実は、このときのために手(グー)!と意気込んで必要以上にハラペコ状態にしておいた私は、19時30分のビールで乾杯が、この日の初飲食でした。
というわけで回る回るよ、アルコールバー


前菜はきのこと平目のマリネ、オマール海老とアスパラのフォアグラソースかけ、玉蜀黍の茶碗蒸仕立てコンソメスープ(おい、フォアグラ載ってるぞ!)、有機野菜サラダ、鱸のポワレ、口直しのライムソルベ、佐賀牛フィレ肉のグリエ・これまたフォアグラのポワレ添え・トリュフソース、そしてココナッツとバニラアイス、マロントルテとアップルパイ……だったのですが、ついつい空きっ腹にシャンパンを流してしまったせいで、堪能しきれなかったです。


いや、やっぱりものすごく美味しかったことだけは覚えているけれど。
フレンチ=フォアグラ黒ハートという短絡的な私には、この日のフォアグラ三昧のメニューは嬉しい限り♪ 

「うわー、またフォアグラがある〜揺れるハート

と喜び勇むあまり、ついついグラスが進み…。
また、この日の相方には食後、車の運転があるので

「ここでこいつに調子こいて飲ませたら、助手席の私も罰金になるあせあせ(飛び散る汗)!」

という意識も働き、

「こいつには絶対に飲ませるか!」

とシャンパン・フルボトルをほぼ一人で空けてしまったのです。
しかもその後もラウンジバーでロゼシャンパンを

「大晦日、飲みおさめじゃー手(グー)!」

とばかりに飲みまくり…



おかげで新年早々、久々の二日酔いで頭が痛いです。
本当は今年は珍しく元旦休みなのだし、 福袋 ふくろ なんて買ってみようかなーと思っていましたが、午前中はまったく動けず、夕方にのそのそと近所の神社にお参りに行ってまいりました。



それから夜は映画の日ということで、せっかくだからとスティーブン・スピルバーグ監督トム・ハンクス主演の『ターミナル』を観てきました。
『キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン』が好きな人なら楽しめるのではないかなー。

仕掛けは大掛かりでも、話の骨子は実にシンプル。
普段はクラシック・ビューティーであるキャサリン・ゼタ・ジョーンズが、負け犬スッチー(制帽萌え〜揺れるハート)役で出ますが、庶民的で可愛かったです。
トム・ハンクスも元スタンダップコメディアンの面目躍如。動きも表情も、観客を楽しませ、思いっきり笑わせてくれます。

あと、ヤヌス・カミンスキーのカメラが、今回はいつも以上に光にこだわっていた気がします。
故・コンラッド・ホールのように「綺麗に」撮るのではなく、彼の入れるものはあくまでも奇妙な光なんですが、どこか粒子の粗い、暗い画が登場人物たち(みなショボい。でも幸せ)に膨らみを与えていました。


あとはあちこちでいわれていることですが、 音楽が素晴らしい るんるん
作り手のジャズへの愛情が伝わってきます。


D・ガレスビー、T・モンク、A・ブレイキー、S・ロリンズ といった伝説のジャズプレイヤーが写真とサインで登場し、挙句には唯一、まだ現役バリバリのプレイヤーである ベニー・ゴルソン 本人が出演して、嬉々として「キラー・ジョー」を演奏してくれます。
あ、ソニー・ロリンズもご健在ですね。一昨年にコンサートに行きましたが、 唾シャワー あせあせ(飛び散る汗) もちゃんと見せていただきました。
そんな大御所と知らずに聴きに行ったもので、いまいち自覚がなかったんですが、この人の演奏を生で聴けたことは僥倖だったんですね。



なんにせよ、今年もよく書き、よく観、よく読み、という一年にしたいと思います。
仕事はテキトーに流しながら…。

posted by まりあ at 23:53| Comment(3) | TrackBack(2) | ある日の安倍記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月09日

「銀牙 -流れ星 銀-」を推す!

今日はお世話になっている某大手配給会社のプロデューサーに、青山でフレンチを御馳走になりました。

この方、最大手のPでありながら全然威張ったとこがなくて、むしろ内向傾向にある人なので(ほめ言葉ですとも!)、私的にはとても親しみやすいのです。学生時代にテレビタレントの仕事を若干齧ったことも少し影響しているのかもしれませんが、どうも虚勢を張る人や華やか過ぎる人には気後れしてしまいます。
でも、実直にぶつかってくれる人には、私もとことんついていきます。


それにしてもたまにはいいものですねー。いいメシ。
会社帰りだったもので、華美なメイクも服もナシではありましたが、いつもより少し気取ったワンピースとロングピアス。シャンパンで乾杯のあと、前菜にフォアグラのラビオリ、有機野菜のグリーンサラダ、メインはジビエ料理の鹿に舌鼓。デザートはワゴンから好きなだけチョイス。おいしかったです♪


そのときにこれからの企画の話がちらと出ました。
純愛もの(泣きもの)はもういいだろう、今はシンプルなもの(泣ける・笑える・怖い)がウケているが新機軸はないか??−−


あっ、ありましたぞ!


心当たりのある私は大真面目に答えました。


「Pさん、犬ですよ。しかも 男の中の男の世界を持った犬たちの群像劇ぴかぴか(新しい) ! これですよ!!」
続きを読む
posted by まりあ at 00:44| Comment(2) | TrackBack(0) | ある日の安倍記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。