Google

2008年09月04日

つながってる


『映画時代』を私の大学のときの同期が購入してくれたらしく…。
卒業してからずっと疎遠になっていたのに、
こんな形であなたに繋がるとは思いませんでした。

たぶん、ここは見てないと思うけど…
うれしかった。ありがとね。

と、感慨に浸っていると1本の電話が。


あんれま! 
これまた大学の同期(先述の子とは別人)!
仮にD君としておこうか。

D君は地元の新聞社に就職しているんですが、
新聞の整理をしていて私の名前を見つけたのだそう。
「まさか、ヤツか!?」
と、たまらなく懐かしくなり、過去の名簿からウチの実家に電話し、
おかん(口、かるすぎ)に携帯番号をきいたとのこと。


安 「いやー、昨日から大学時代思い出すこと多くてさ、さっきも…」

D 「(遮って)ところで安倍さん、結婚してんの?」

安 「……ぃゃ」 (←声、ちっちゃい)

D 「うっほー、俺、バツ2!」




!!!

コイツは俺様がまっさらでいる間に2回もバツつけやがったのか!


と、軽くイラッとしていたのですが、私はあることにふと気づきました。


あれ?
私、D君とは大学時代、ほとんど喋ったことがないような…


安 「あのさ、ウチら、大学のとき仲良かったっけ?」

D 「ううん。だって安倍さん、こわかったから近づけなかった」

安 「は? こわかったって?」

D 「ドSで有名なA教授に『さん』づけで呼ばれてたの、安倍さんだけだし」

安 「そうだっけか?」

D 「A教授はどんな批評も覆して学生をバカ呼ばわりするのが趣味だったじゃん? 忘れもしない。安倍さんがG藤M生の短編の論考を発表したあと、いつものようにA教授がネチネチ言ってたんだよね。覚えてる?」

安 「う〜ん、なんとなく」

D 「安倍さん、それをすごいアルカイックスマイルうかべて聞いてて、A教授がひととおり言い終えたあと、その笑顔をスーッと消して、一言『で?』っつったんだよ。あのA教授がビビッて何も言えなくなっててさー、あんときは教室が凍った。以来、A教授が子犬みたいな目で『安倍さん』って呼ぶようになったし」

安 「そんなことあったっけか」

D 「あったあった。大学時代のいちばんの思い出! 今もあのときの安倍さんの蔑んだ目を思い出すと震える。だから今日電話すんの、ほんとはこわかったもん。罵倒されるんじゃないかって」




ちょ!

散々なイメージ!!!


私は文学科→哲学科に転科してるんですが、
文学科時代の同期と疎遠なのは、そういうイメージがあるからか!


ん?

そういえば『映画時代』を買ってくれたのは文学科時代の同期。
彼が私に何も言ってこないのは、やっぱりこわがられてるからっすか!?


ハァ…学生時代はこわいものなんて何もなかったなぁー。
ナイフみたいにとがっては、さわるもの皆、傷つけてたし。
あ〜あ〜、わかってくれとはいわないが、そんなに俺が悪いのか?

と、ギザギザハートを奏でつつ
「とりあえず東京来ることあったら飲みましょう」
という社交辞令を吐いて電話を切りました。


ま、会うことはねーな。(←ちょ!D君がここ見てたらどうする!?)


それは冗談で、もちろん会えるなら会いたいのですが、
結論として、私は「今」を大事にしたいなと思ったわけですよ。
過去を振り返ってもしょうがない。
とにかく、「これから」ですよ。
過去と今はつながっているのですけど、過去のつみ重ねが今なのだから、
確実にこの「今」の自分こそが、「私」なのです。
だったら、今という時間をいとおしんで、大事にしなくちゃ。
「今」の自分を大切にするなら、過去の自分はある程度切り捨てるぐらいでいいのかなとも思います。


しっかし、私の過去にそんなイメージがあったとはなァあせあせ(飛び散る汗)(←あら、気にしてたのね)


とにかくお仕事、がんばりまっす。
読んでも読んでも、活字が減っていかないナリーー!


*9.14追記*

なんかこのエントリだけコメント書き込めないっす。
なんでやー。

とりあえずレスしてなかったお二方、本文中のレスで失礼しまっす。
さらすみたいになってるけどごめんね。


>kenさんよ

なんか不具合でコメント投稿できずにレス遅くてスマソねー。

「映画時代」――よくこれ残ってたなーと思いましたもの。
逆に今の時代、レトロな感じのもののほうがきっと新しくてキャッチーになるのね。

だから私も安倍まりあ改め、安倍ヨネとかにすっかのー。

おお、一瞬、D君とI君が電撃結婚すんのかと思っちまったぜ。
しかしそれもまた人生!

あ、オラは結婚しても仕事はヤメネエダスよ。
やめたい気はマンマンコですが、ダメ男を養成したときにそなえて、
続けていくも〜ん(←だめんず安倍のリアルボイス)。


>I島くん

マジ? 本物?
とりあえず信じてレスしますけど。

お久しぶりー。
とりあえずの愛してます、を信じない
ガチ石頭の私であるところは、学生時代から変わってましぇんよ。
というわけでI島君との電撃結婚はないと思いますが、電撃飲み会なら大歓迎っす♪

本気で愛していると言うなら考えてやる!
でも可能性は低い!
なぜなら私はいま、恋愛モードではないのだ!
仕事に生きているのだ!

うっわ、嘘くせぇー!!!
posted by まりあ at 19:03| Comment(7) | おともだち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。